(54)【考案の名称】隠蔽ハガキ

(73)【実用新案権者】内外カーボンインキ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、個人情報を郵送する際に使用される隠蔽ハガキであって、宛先に郵送されて受取人に到達するまで隠蔽シール部分がしっかりと貼り付いていて、しかも受取人が開封する際には上記隠蔽シールを容易に剥離することができ上記個人情報を確実に確認することができる隠蔽ハガキに関する。

【従来の技術】

【0002】
隠蔽ハガキに使用される隠蔽シールは、全面に粘着剤を塗布する全ベタまたは、ドットパターンの粘着剤パターンで塗布され、使用する粘着剤は剥がすときには上記ハガキ本体の材破(紙破)を生じない、いわゆる弱粘着性の粘着剤を用いるのが一般的であった。
【0003】
全ベタの粘着剤パターンで隠蔽シールを貼り付けると、粘着剤面積が大きいため粘着力が高く、ハガキ本体を材破させないように、粘着剤は非常に弱いものを選択する必要があった。
【0004】
しかし、非常に弱い粘着剤を選択すると、例えばハガキの端部に穏やかなアールを付ける等の対策を行っても、上記隠蔽ハガキの仕分けや配送時などに隠蔽シール部分が剥がれ始めるという問題があった。
【0005】
また、粘着力の強い粘着剤を使うと用紙によっては、剥離時に上記ハガキ本体を紙破してしまい、上記個人情報が確認し難くなる等の問題があった。

【効果】

【0010】
本考案によれば、隠蔽シールの粘着剤パターンが不連続なブロック状となっているため、全ベタの従来品に比べて、各剥離箇所での剥離幅が小さくなり剥離方向に関係なく剥離強さのバラツキが小さく、高くなり過ぎることがなく、ほぼ同じ剥離力で剥がすことができ、また、それによって剥離強さの大きい比較的強粘着性の粘着剤を使用できるため、隠蔽ハガキの投函、仕分け、配送などの実使用面でも剥がれにくく有利である。

(57)【要約】

【課題】宛先に郵送されて受取人に到達するまで隠蔽シール部分がしっかりと貼り付いていて、しかも受取人が開封する際には上記隠蔽シールを容易に剥離することができる個人情報を郵送する際に使用される隠蔽ハガキを提供する。【解決手段】ハガキ本体1、該ハガキ本体の通信面2と折り曲げ線6を介して連接されており、該折り曲げ線にて二つ折りにして該通信面と接する面に粘着剤層を有する隠蔽シール5、および該粘着剤層を被覆保護する離型紙を含み、該離型紙を剥がし、該折り曲げ線にて二つ折りにすることによって該通信面の少なくとも一部を隠蔽することができる。該隠蔽シールの粘着剤パターンは、粘着剤の存在する複数のブロック状粘着剤部と粘着剤が存在しない非粘着剤部とから成る不連続なパターンとする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):