(54)【考案の名称】擬似接着封緘物

(73)【実用新案権者】福島印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
紙面間が擬似接着されることで封緘物の態様となり、金融サービスや自治体等の住民サービス等で情報の送達手段として提供される擬似接着封緘物に関する。

【従来の技術】

【0002】
DMによる営業活動や情報伝達活動、広告活動においては、多数の情報記録媒体を製造、発送する必要がある。ここで製造される従来の封緘物として、二つ折り等された被封緘紙とこれを封入・封緘する封筒とからなるもの、あるいは通常の葉書や二つ折りの葉書に情報を記録したものが存在した。
【0003】
例えば、基体シート面の少なくとも一部を重ね合わせ面とし、その重ね合わせ面に情報を担持させ、重ね合わせ面同士を剥離可能に接着して用いるものが開示される(例えば、特許文献1参照)。これは重ね合わせ面に、圧力を印加することによりはじめて接着可能な感圧接着剤組成物の層が設けられてなる。感圧接着剤組成物層は、剥離調整機能及び情報を表示させる情報担持機能を付与する成分として感圧接着剤基剤に対し非親和性の微粒状充てん剤が含有され、これにより層表面が凹凸に形成され、この凹凸の層表面が情報担持面としてなると共に、この凹凸の層表面同士が所定値以上の加圧において少なくとも剥離可能に接着される、とされる。

【効果】

【0030】
本考案は上記手段を講じることで、二つ折りにした表裏紙11の4面とこれに挟まれる中紙12の2面以上もの印字面によって、多くの情報量を有した封緘物となる。また、容易に機械的接着を行ない得る擬似接着による密着封緘によって、従来のように封緘作業に手数がかからず、大量生産に適した擬似接着封緘物を提供するものとなる。

(57)【要約】

【課題】相当の情報量を有した封緘物でありながら、封緘作業に手数がかからず、大量生産に適した擬似接着封緘物を提供する。【解決手段】のど部aで二つ折りにした表裏紙11によって一枚または複数枚の中紙12を挟み、のど部a及びのど部aに隣り合う天地辺を揃えて各頁が当接すると共に、当接した頁同士が擬似接着剤2の所定の接着領域にて剥離可能に擬似接着される。隣接する一方の頁における、のど部a以外の端部の少なくとも一部分には、隣接頁同士で端部位置をずらした小口部6が形成され、この小口部6を指掛かりとして、前記擬似接着された隣接頁同士を剥離開封しうる。接着領域は、各頁の当接部分の周縁のうち、少なくとものど部aに沿う部分以外の領域を含み、かつ前記小口部6の端辺近傍を含む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):