(54)【考案の名称】粘着ラベル

(73)【実用新案権者】株式会社友功社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、生産者(製造者)表示やトレサビリティーへの応用、ロット管理、キャンペーンの実施、又はウェブサイトを活かしたマーケティング活動等に用いる粘着ラベルに関し、特にその基材にかかる製造コストの低廉化を実現しようとするものに係る。

【従来の技術】

【0002】
従来から前記のような用途のための粘着ラベルが用いられており、それは図4に示すようなものであった。すなわち、粘着ラベル51は、裏面に粘着層を有する基材53と、前記粘着層を介して粘着される台紙55とからなり、前記基材は二層(又は多層構造)のものからなっていた。つまり、基材53は台紙側の第1の基材53aと、該基材の上に粘着された第2の基材53bとからなり、第2の基材が粘着される第1の基材の非粘着層面に可変情報としてのQRコード57が印刷されていた。第1の基材53aの非粘着層面にはQRコード57のほかに、図示していないが、例えばキャンペーン応募ハガキの住所とか、インターネットや携帯電話のウェブサイトのアドレスなどが印刷され、これらの情報が第2の基材53bが粘着されることによって被覆可能とされる。また、これも図示していないが、第2の基材53bの表面にはプレゼントが当たるというキャンペーン文字やキャンペーンガールの写真等が印刷され、粘着層となっている裏面にもハガキでの応募要領等が印刷される。そして、第1の基材53aと第2の基材53bは全面で互いが粘着されたうえ、第1の基材53aの裏面の粘着層を介して台紙55に粘着される。一方、第1の基材53aを第2の基材53bから剥がすときはOPEN矢印の箇所から引き剥がし、図に示すようにQRコード57等を開放した状態にする。
【0003】
ところで、従来の粘着ラベル51は、前記のような構成からなるため、可変情報としてのQRコード57をはじめとして情報を印刷できる面積はある程度確保できてはいるものの、基材53が第1の基材53aと第2の基材53bという二層以上の構造となるため、製造コストがかかるものとなっていた。また、基材53の層厚も必然的に大きくなってしまうという問題もあった。

【効果】

【0007】
この考案は、前記のようであって、基材を一層構造とし、該一層構造の基材の粘着層のある側の面に可変情報を印字した構成からなり、従来のように基材を二層構造としないため、その分の材料費がかからず製造コストの大幅な低廉化を図ることができる。しかも、一層構造のため基材の層厚も従来に比して薄くすることができる。また、可変情報は粘着層のある側の面に印字され、これにより従来と変わることなく可変情報を消費者等に提供することができるという優れた効果がある。

(57)【要約】

【課題】可変情報は従来と変わることなく提供でき、製造コストの低廉化を図ることができる粘着ラベルを提供する。【解決手段】基材がその裏面に有する粘着層を介して台紙に粘着されてなる粘着ラベルにおいて、基材3が一層構造からなり、該基材の粘着層2のある側の面に可変情報7が印字されている。基材を一層構造としたため、その分材料費がかからず製造コストの大幅な低廉化を図ることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):