(54)【考案の名称】有価物の抜き取り防止策付きパチンコ景品カード

(73)【実用新案権者】株式会社東和商事

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、パチンコ景品カードにおいてケース内に取り付けた有価物の不正な抜き取りを防止する有価物の抜き取り防止策付きパチンコ景品カードに関する。

【従来の技術】

【0002】
基板上に貴金属或いは現金に代替するメダル等の有価物を収納し、上部より透明ケースを被せて構成したパチンコ等の景品カードは従来から存在する(例えば特許文献1〜3参照)。これらのカードは内部の有価物が目視できるようにするため上部を透明ケースにしたもので、有価物は人目を引くに十分な外観を呈している。

【効果】

【0008】
本考案の有価物の周縁には金属枠が取り付けられているため透明ケースの一部をカッターで切断して開口部を形成しても、有価物は金属枠にガードされているためカッターの刃先を中板に食い込ますことはできず、有価物を簡単に取り出すことはできない。有価物の下面にも金属板があるため下からの取り出しもできず、取り出すには景品カード自体を破壊することになるためカードの復元は困難で不正使用することは不可能となる。
【0009】
金属枠の形状・大きさ・色合い等は任意に設定でき、透明ケース外側から見て有価物を引き立てるような形体にすることも可能で、ユーザーの興趣感を満足させるような付加価値を提供できる。
【0010】
中板の上面に、デザインなどを印刷した印刷紙片を重ね合わせ、有価物は目視できるが金属枠を見えなくするということもできる。この場合有価物だけが見えて金属枠には気づくことがなく、それゆえ有価物を取り出すために周縁にカッターなどを当てても金属枠に遮られて弾かれ、結局有価物の取り出しはできず、取り出すためにはカードを破壊することになるのでカードの偽造による不正使用を未然に防止できる。この場合印刷紙片上に各種模様・デザインなどが印刷できて見栄えのよいものとなる。

(57)【要約】

【課題】透明ケース等の一部を切断してもカードそのものを破壊しないと有価物の取り出しができないようにしてカードの改竄を防止するパチンコ景品カードを提供する。【解決手段】基板の上面に中板、中板の上面に透明ケースを被せ、中板に金地金等のメダル状有価物を配置したパチンコ景品カードにおいて、中板の上面に、前記有価物の周縁を掩蔽する金属枠を固定し、中板の下面に、有価物を覆う金属板を固定する。金属枠とともに有価物を取り出すとなるとその分中板の一部が破壊されてしまい、修復は困難となってカードの偽造はできず、再利用の余地がなくなり不正使用を防止できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):