(54)【考案の名称】表示ラベルシート

(51)【国際特許分類】

G09F 3/02 ・形状 構造

(73)【実用新案権者】株式会社青山

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、表示ラベル片を剥離可能に接着した表示ラベルシートに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、表示ラベルシートは、複数個の表示ラベル片と、これらの表示ラベル片を剥離可能に支持する剥離シート等のフィルムとを含む。使用者は、剥離シートを折り曲げ、各表示ラベル片の端部を爪に当て、引っ掻くようにして、各表示ラベル片をフィルムから剥ぎ取る。
【0003】
しかし、前記従来の表示ラベルシートでは、使用者が表示ラベル片の端部を爪で引っ掻くようにしてフィルムから剥ぎ取るため、表示ラベル片のその端部は損傷する。

【効果】

【0007】
本考案によれば、剥離片を爪でフィルムから剥ぎ取ることによって、表示ラベル片を損傷することなくフィルムから剥ぎ取ることができる。剥ぎ取り後は、表示ラベル片から剥離片を切り離すことによって、表示ラベル片を得ることができる。
【0008】
前記剥離片を前記表示ラベル片の隅部に近接して配置すれば、剥離片をフィルムから引き剥がす力を表示ラベル片の隅部に集中させることができる。これにより、表示ラベル片の隅部以外に引き剥がす力を集中させてフィルムから引き剥がすよりも小さい力で引き剥がすことができる。

(57)【要約】

【課題】表示ラベル片を損傷することなく、フィルムからきれいに剥ぎ取ることができる表示ラベルシートを提供する。【解決手段】表示ラベルシート10は、裏面に感熱接着剤層14を有する、複数の表示ラベル基材16と、感熱接着剤層14の周縁部に接着されたフィルム18とを含む。各表示ラベル基材16は、文字、図形等が印刷される表示ラベル片20と、表示ラベル片20の隅部20aから間隔20bを置いて配置される剥離片22とを含む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):