(54)【考案の名称】携帯端末

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は携帯端末に関し、特にコンパクト用鏡を有するものに適用して好適なものである。

【従来の技術】

【0002】
近来、携帯して通信する携帯端末として、例えば携帯電話が普及しており、その携帯性を利用してこれにコンパクト用鏡を設けることにより、携帯端末としての利便性を向上させる工夫がされている(特許文献1参照)。

【効果】

【0007】
本考案によれば、携帯端末本体部に組み合わされた蓋部に穿設された凹所の底面に衝撃吸収材層を介してコンパクト用鏡を接着すると共に、凹所を開閉する開閉板を設けるようにしたことにより、ユーザが誤って携帯端末を取り落した場合にも、コンパクト用鏡の損傷を確実に防止することができる。

(57)【要約】

【課題】コンパクト化粧具として利用できる携帯端末を提供する。【解決手段】携帯端末本体部3に組み合わされた蓋部5に穿設された凹所11の底面11Aに衝撃吸収材層13を介してコンパクト用鏡12を接着すると共に、凹所11を開閉する開閉板18を設けるようにしたことにより、ユーザが誤って携帯端末1を取り落した場合にも、コンパクト用鏡6の損傷を確実に防止することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):