(54)【考案の名称】箔押しシール

(73)【実用新案権者】オリジナルケーエス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、箔押しシールに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の箔押しシールとして、着色インキ層の上に箔押し層を設けたもの(例えば、特許文献1参照)や、樹脂製フィルムに第1模様を印刷によって形成し、その上に樹脂クリヤー層を形成し、さらにその上に金箔等の箔を箔押しして第2模様を形成したもの(例えば、特許文献2参照)がある。箔を用いることにより、光沢のある優れた装飾性が得られる。
【0003】

【効果】

【0010】
本考案によれば、箔押し層の上に印刷層が設けられ、箔を用いて多様なデザインが可能な箔押しシールを提供することができる。

(57)【要約】

【課題】箔押し層の上に印刷層が設けられ、箔を用いて多様なデザインが可能な箔押しシールを提供する。【解決手段】シート材2が、一方の面2aに網状の模様から成る凹凸パターンを有する。箔層3が、シート材2の一方の面2aに、箔押しにより形成される。箔層3は、表面3aに、シート材2の凹凸パターンが浮き出している。印刷層4が、箔層3の表面3aに設けられている。印刷層4は、印刷装置により、箔層3の表面3aにキャラクターの絵柄や模様などを印刷することにより形成されている。粘着剤層5が、シート材2の他方の面2bに設けられている。剥離紙6が、粘着剤層5の表面5aに、剥離可能に貼り付けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):