(54)【考案の名称】バーコード読取対応携帯電話

(73)【実用新案権者】有限会社インターネットアンドアーツ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
現在、携帯電話は、メールや通話機能に加え、インターネット閲覧に利用され、会社や学校や家庭等に普及しています。

【従来の技術】

【0002】
本考案は、二次元バーコードに加え、雑誌やカタログ等へのURL等を掲載する上でレイアウトのフレキシビリティに富んだ幅の短い一次元バーコードの読取が可能な携帯電話に関するものである。

【効果】

【0005】
本考案は、携帯電話のデジタルカメラと薄型の半透過反射板レンズとLEDの組み合わせにより写真撮影と二次元バーコード読み込みに加え、製品カタログやフリーペーパー等に印字する専用の一次元バーコードを携帯電話の撮像素子を使用して正確に取り込むものです。携帯電話の底面に配置されたスライドバー等を操作し、半透過反射レンズを撮像素子と光学レンズの垂直線上に移動、LEDを点灯させ、光を同レンズで反射させ、バーコード面に照射し、その反射光を同レンズを透過させ、撮像素子にて受光し、イメージ処理にて文字コードへの変換を行い、メモリーにURLやメールアドレス等として保存し、活用するものです。
携帯電話による一次元バーコードのスキャンに際しては、LCDに撮像素子にて取り込んでいるバーコード画像を表示させ、スタート位置の位置あわせとバーコードの正確な手動によるスキャンを行うものです。

(57)【要約】

【課題】バーコード読み取り可能にした携帯電話を提供する。【解決手段】スライド式の半透過反射板レンズを携帯電話の左角に組み込み、該レンズブロックを撮像素子と光学レンズの垂直線上にスライドさせ、撮像素子の周辺部に配置された光源の光線を半透過反射板レンズにて紙面のバーコードに照射し、その反射光を同レンズを透過させ、撮像素子で受け、バーコードをイメージ画像として読み込む。携帯電話で通常の写真撮影の場合は、半透過反射板レンズを撮像素子の垂直線上の隣の位置に配した状態で使用する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):