(54)【考案の名称】圧着葉書

(73)【実用新案権者】株式会社 ツチヤ

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ダイレクトメール等において使用する圧着葉書に関する。

【従来の技術】

【0002】
葉書は、郵政法において決められた範囲内のサイズ及び重さのものであれば、第二種郵便として所定の郵送料で送ることができる。ダイレクトメール等を発送する会社は、郵送コストを低くしつつ、印刷面積を大きくするため、上記の範囲内の大きさの複数の紙部の面に宣伝文等を印刷し、発送時においては、これらの対向面を互いに剥離可能な粘着手段によって密着させて一枚の葉書とした圧着葉書を使用している。受取人は葉書の各紙部を剥離して開き、内面に印刷された宣伝文等を読む。
このような圧着葉書には、開いたときの状態を葉書の表面に対して上側から見たときの形状を文字の形に例えて、紙部の重ね方が、所謂「V折り」(葉書の2倍の幅を有する紙を2つ折りにし、又は、2枚の紙部を長辺に沿って連結してV字形としたもの)、「Z折り」(葉書の3倍の幅を有する紙、又は、3枚の紙部を長辺に沿って連結した紙を、ジャバラ状の三つ折りにしてZ字形としたもの)、また、「三つ折り」(葉書の3倍の幅を有する紙、又は、3枚の紙部を長辺に沿って連結した紙を同じ方向に巻き折りしたもの)がある。

【効果】

【0008】
本考案によれば、郵政法の定める規制の範囲内において、できるだけ大きな印刷面積を確保し、しかも受取人にどこを開くのかを視覚的に分かり易く伝えることができる圧着葉書を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】郵政法の定める規制の範囲内において、できるだけ大きな印刷面積を確保し、しかも受取人にどこを開くのかを視覚的に分かり易く伝えることができる圧着葉書を提供する。【解決手段】発送時の状態において、互いに重ね合わされた複数の紙部の対向面が互いに剥離可能な接着手段によって接着されている、実質的に矩形の圧着葉書であって、複数の紙部は、少なくとも、裏面側から表面側に向かって順に重ねられた第一紙部、第二紙部及び第三紙部を有し、これら第一紙部乃至第三紙部は、第一の辺に沿って互いに結合されたブック形をなしており、発送時の状態において、第二紙部は、第一紙部の対向面の一部分が露出するように第一紙部よりも小さく、また、第三紙部は、第二紙部の対向面の一部分が露出するように第二紙部よりも小さい圧着葉書。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):