(54)【考案の名称】モジュール化した太陽電池

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】KIS企業有限会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、モジュール化した太陽電池に関り、特に、1つのモジュール化の態様とする太陽電池の構造の設計に関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽エネルギーは、すでに世間から大いに嘱目され、且つ最も普遍的なエコエネルギーであり、現在ヨーロッパ政府の補助金政策とアメリカカリフォルニア州において百万のソーラー屋根イニシアティブの奨励金を誘致、促進のもと、結晶系シリコン太陽電池(Crystalline Silicon Solar Cell)の需要が大幅に増加することなり、多結晶シリコン材料の供給不足という状況において、現在結晶系シリコン太陽電池の原料が著しく品切れという状況に直面している。また同様にシリコンを主な光電変換材料とする薄膜シリコン太陽電池は、原材・資材不足という心配が無く、及び構造建材上へ使用するに当たり統合、応用でき、且つ光電エネルギー変換効率において、環境温度、照度の要素による影響に伴って明らかに降下することがないという長所を持ち、徐々に各メーカの注目を引き、次々と該分野への技術研究と発展に取り組んでいる。
【0003】
しかしながら、本考案の考案者は該太陽電池を使用した時、消費者の使用に不便だという状況が判明し、これにより、この研究に取り組み改良することで本考案に発展させた。

(57)【要約】

【課題】モジュール化した太陽電池を提供する。【解決手段】太陽電池10は主に基板100において複数個の球状型電力部110、及び、電力部110に組み合わされる集光部120を具備し、電力部110は主にp型半導体112、及び、n型半導体114を含み、n型半導体114がp型半導体112の表面に被装されることで、集光部120が外部光線を電力部110のn型半導体114表面に集めることができる。その特徴は、基板100の一端縁に第1電気ユニットを具え、第1電気接続ユニットとp型半導体112が電気的に接続し、基板100の第1電気接続ユニットの対向する端縁に第2電気接続ユニットを具え、第2電気接続ユニットとn型半導体114が電気的に接続することで、モジュール化した構造を形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):