(54)【考案の名称】プラスチックス製極薄透明な蓋体

(73)【実用新案権者】信和株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
スーパーマーケットその他商品の大量小売業店等において、ブドウ、イチゴその他比較的柔らかい商品又は球体、楕円球体等の商品を収納した容器本体の上部を覆う場合に、極薄透明な蓋体によって手際よく正確に被せることのできるプラスチックス製極薄透明な蓋体に関する。

【従来の技術】

【0002】
プラスチック製の小物を収容する容器では、ポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリスチレンその他の熱可塑性プラスチックを用いて真空成型、真空圧空成形等で、本体と蓋部とを連接して一体成型するのが普通である。
【0003】
このように容器本体と蓋体とが一体成形の場合は、蓋体はヒンジ部から折り返して商品の上部を覆いながら引き伸ばし、端部を容器本体に止定させればよく、簡単で且つ安定して利用できる。
【0004】
しかし、蓋体が極薄透明体で形成され、容器本体とは別個に生産されている場合には上記のように簡単ではない。

【効果】

【0013】
第1考案では、容器本体の開口部全体を覆う程度の幅(A)を有し且つ前記開口部で対向する容器本体2辺の枠体の長さ(C)よりやや長めの長さ(B)を有する中央部としたので、容器本体の開口部全体を覆う程度の幅と長さがあるので、上部全体を確実に覆うことができる。
【0014】
またこの中央部の両端はそれぞれ延長部とし、各先端に目視可能な表示部を設けているので、極薄透明な蓋体を抓みあげた時に、蓋体の向きが直ちに判明でき、容器本体に被せる位置が間違いなく認識できる。
【0015】
延長部を先細又は細めにして指先2本でつかめる程度の範囲とした場合、蓋体は十分に容器本体に沿って覆う事ができる。従来例では、幅一杯とした矩形状の蓋体を用いており、この場合、容器本体の長辺部の長さ一杯又は数箇所にセロハンテープを用いて止定するか、または長さ一杯に粘着のりをつけた状態で止定する方法がとられていたが、本考案では前記のように指先2本で確実な包装作業ができる効果がある。
【0016】
従って、極薄透明な蓋体の端縁がめくりあがることもなく、先端部の1点にセロハンテープ等の止定片を用いて止定でき、取り扱いが便利になった。
【0017】
蓋体は透明であり、収容した商品が透けて見えて購買意欲をそそる効果もある。
【0018】
第2考案では、中央部からの延長部が、共に先細であるか、少し細めであるかの相違をつけることにより、つまみあげた蓋体の方向が直ちに判明し、容器本体への取り付けに先端の表示部だけの一点でよく、取り扱いが容易になった。
【0019】
第3考案では、極薄透明な蓋体の中央部から目視可能な表示部までの間で線又は模様を設けることにより、蓋体が透明であっても中央部と区別された両端部が容易に判別でき、商品を覆う作業が簡単になった。また、両端部に設けた表示部を際立たせる作用もある。
【0020】
第4考案は透明で極薄のプラスチックス製フレキシブル性フィルム面として、柔軟性に富み容器本体に収容された商品の上部をふんわりとカバーできるようになっている。
【0021】
フレキシブル性フィルム面としては、およそ0.01mmから0.2mm程度の厚みのポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリスチレンその他の熱可塑性プラスチックを利用できる。
【0022】
第5考案では、容器本体の開口部で対向する2辺の枠体が、それぞれ上方へ湾曲又は突出した盛り上がり部としているので、容器本体に収容できる商品の量を多くし、又蓋体がアーチ状にふんわりとした感覚のあるカバー体とすることができた。
【0023】
第6考案では、極薄透明な蓋体を容器本体に取り付ける場合に、一方端の表示部を利用して容器本体の側壁に止定した後、他方へ蓋体を引き伸ばしながら開口部全体を覆う事が出来るので、取り扱いが容易で手っ取り早く包装できる。

(57)【要約】

【課題】極薄透明な蓋体の方向を判別し易くして、容器本体の開口部を確実に覆うようにし、先端の一箇所で容器本体に止定できるようにする。【解決手段】容器本体5の開口部全体を覆う程度の幅Aを有し且つ前記開口部で対向する容器本体2辺の枠体6の長さCよりやや長めの長さBを有する中央部とし、この中央部の両端はそれぞれ先細又はやや細目に形成された延長部3とした極薄透明な蓋体1であって、各延長部端に目視可能な表示部4を設けたプラスチックス製極薄透明な蓋体。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):