(54)【考案の名称】キッチン玩具

(73)【実用新案権者】株式会社アガツマ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、調理台を模したキッチン玩具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、キッチンの一部となるコンロを模したコンロ玩具があり、このコンロ玩具の点火スイッチをONにすると、恰も点火したかのように、コンロを模した発光装置が発光すると共に、該コンロの上にフライパンや鍋を模した調理器具部材を載せると、恰も調理しているかのような効果音を、載置した調理器具部材に応じて出力するコンロ玩具があった。

【効果】

【0010】
請求項1の考案によれば、調理カードをカード認識装置に挿入することによって、調理カードに対応した調理手順に関する音声や調理効果音が出力され、遊戯者となる幼児又は子供であっても、その調理手順に従って調理器具部材を操作することによって実際の調理を行っている雰囲気を感じることのできるキッチン玩具を提供することができる。
【0011】
請求項2の考案によれば、電磁調理器を模した発光装置を設け、調理手順に応じて発光装置の点灯及び消灯を制御することによって、恰も電磁調理器の火力(弱火〜強火)の調整を行っているかのように見せることができるものである。
【0012】
請求項3の考案によれば、調理カードの表面に料理名及び該料理の調理手順に関する説明文を表示すると共に、透光性を有する陰画で料理の完成状態を示す料理図柄を表示することによって、調理カードの識別ができるようになると共に、調理手順に関する概要を知らせることができる。
【0013】
請求項4の考案によれば、調理カードの表面に表示された透光性を有する陰画となる料理図柄の背面位置に、白色の白色背面板を挿入することによって、陰画であるために見えなかった料理図柄を見えるようにすることができる。
【0014】
請求項5の考案によれば、疑似水栓のハンドル部を操作すると前記音出力装置より水が流れる効果音が音出力され、恰も水栓を使用しているかのように遊戯者に体感させることができる。

(57)【要約】

【課題】料理の調理手順を音声で指示し、その調理手順に従って調理器具部材を操作させることによって実際の調理を行っている雰囲気を感じることのできるキッチン玩具を提供する。【解決手段】キッチン玩具10は、挿入された調理カード12を認識するカード認識装置50と、調理手順に関する音声や調理効果音となる音情報を記憶した音記憶装置と、調理カードに対応し音情報の出力順序を記憶した調理手順記憶装置と、調理効果音や調理手順に関する音声を適宜に合成し音出力装置に出力する音合成装置と、カード認識装置の認識結果に応じて調理手順記憶装置から音情報の出力順序を読み出し対応する調理効果音や調理手順に関する音声を音記憶装置から読み出した音情報を音合成装置へと出力制御する制御装置とを備えた。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):