(54)【考案の名称】包装体

(73)【実用新案権者】大日本印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書籍、雑誌、冊子体、その他の印刷物等を包装するのに好適な包装体に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、書籍、雑誌、冊子体、その他様々な印刷物を郵送、宅配等により送付する際には、用紙、フィルム等による包装体により包装されて行われる。受け取った人が簡易に包装を開封することが可能なように、様々な形態の包装体が提案され、利用されてきている。

【効果】

【0006】
本考案によれば、3つのシートを折り畳んでそのうち2つのシートを接着するとともに、2つのシートの重なり合う位置にミシン目を設けたので、このミシン目を裂くことにより簡易に包装体を開封して内容物を取り出すことが可能となる。

(57)【要約】

【課題】開封が容易で内容物を簡易に取り出すことが可能な包装体を提供する。【解決手段】3つのシート片からなるシートを、谷折線o1、o2で折り畳んだ後、ミシン目m1と平行な接着部nにおいて、2つのシートを接着する。内容物を入れた後、上端と下端を接着することにより、内容物を封入した包装体が得られる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):