(54)【考案の名称】カレンダー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、毎月の予定を記入できるカレンダーに係り、特に、連続する4ヶ月分の暦を同時に表示し、その表示を1ヶ月ずつ後ろにずれた状態に順次更新することが可能なカレンダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
「月めくりカレンダー」は、1ヶ月分の暦が表示された頁をめくったり、切り取ったりすることによって表示を最新の状態に切り替えるものであり、通常、各頁に予定を記入できるようになっている。しかしながら、「月めくりカレンダー」には、月をまたがった予定に関しては一目で確認することができないという課題があった。また、頁を切り取ってしまうと、例えば、先月の予定を確認することができなくなるという課題があった。そこで、このような課題に対処するものとして、従来、数ヶ月分の暦を同時に表示できるカレンダーに関して様々な提案がなされており、それに関して既に多くの発明や考案が開示されている。
【0003】
例えば、特許文献1には、「多数月表示を有する月めくりカレンダー」という名称で、連続する2ヶ月あるいは3ヶ月の7曜日付を同時に表示することが可能なカレンダーに関する考案が開示されている。
特許文献1に開示された考案である「月めくりカレンダー」は、主表示区画と副表示区画とを有するカレンダーシートが複数枚重ねられるとともに、末尾以外のカレンダーシートに切欠部が形成された構造となっている。
上記構造の「月めくりカレンダー」においては、切欠部から次のカレンダーシートの副表示区画が露出されるため、連続する2ヶ月あるいは3ヶ月の7曜日付を同時に表示することが可能である。
【0004】
また、特許文献2には、3ヶ月分の暦を同時に表示することができる「カレンダー」に関する発明が開示されている。
特許文献2に開示された発明は、1月、4月、7月及び10月分のカレンダー用紙を順次重ねたカレンダー用紙積層体と、2月、5月、8月及び11月分のカレンダー用紙を順次重ねたカレンダー用紙積層体と、3月、6月、9月及び11月分のカレンダー用紙を順次重ねたカレンダー用紙積層体と、これら3つのカレンダー用紙積層体を着脱自在に支持して同時に表示させる支持体とを有するものである。そして、支持体は対向する二つの突出片からなるスライドレールを有しており、このスライドレールにカレンダー用紙積層体の上辺に沿って設けられた帯状の凸部を嵌合させることによりカレンダー用紙積層体を着脱自在に支持する構造となっている。
上記構造の「カレンダー」においては、最表部に表示された3ヶ月分の暦が連続し、かつ、当月分が端にくるように3つのカレンダー用紙積層体を配置しておき、月が替わった場合に、それらを支持体の一方の側にスライドさせて不用になった月が表示されているカレンダー用紙積層体を取り出して最表部の暦を破り捨てた後、支持体の他方の側から挿入して設置することによれば、最表部の表示を1ヶ月分ずらした状態に切り替えることができる。
【0005】
さらに、特許文献3には、予定帳として利用できる「卓上カレンダー」に関する考案が開示されている。
特許文献3に開示された考案は、カレンダーシートに切り込みを入れて少なくとも2以上の日付表示部を形成したことを特徴としている。
上記構造の「卓上カレンダー」においては、カレンダーシートに少なくとも2ヶ月分以上の日付表示部が形成されていることから、前月の予定を見ながら今月の予定を記入することができる。また、連続する3ヶ月分の予定を確認する場合にカレンダーシートをめくる必要がないため、使い勝手が良い。

【効果】

【0016】
以上説明したように、本考案の請求項1に記載のカレンダーにおいては、所望の4ヶ月分の暦を連続させて表示できる。これにより、コンパクトに形成される小面積のカレンダーであっても複数の月にまたがる予定を記入したり、確認したりする作業を容易に行うことができる。また、日付表示シートの全ての頁に日付表示部が形成されるため、日付表示シートの頁数を少なくして紙資源の有効活用を図ることが可能である。
【0017】
本考案の請求項2に記載のカレンダーにおいては、日付表示シートの頁を捲る順番や方向が規則的であり、覚え易いため、取扱いが容易である。従って、頁を捲る順番や方向を示す記号について日付表示部への記載を省略することが可能である。
【0018】
本考案の請求項3に記載のカレンダーにおいては、日付表示シートの最前部の頁のみを捲ることによって4ヶ月分の暦を1ヶ月後ろにずれた状態に順次更新することができる。この場合、日付表示シートについて他の頁の後に隠れた頁を捲る必要がないため、暦の表示を更新する作業を円滑に行うことができる。
【0019】
本考案の請求項4に記載のカレンダーにおいては、請求項3に記載の考案と同様の効果を奏する。
【0020】
本考案の請求項5に記載のカレンダーにおいては、日付表示シートの頁が勝手に捲れて、違う頁が表示されてしまうおそれがない。従って、日付表示部による暦の表示状態が安定する。
【0021】
本考案の請求項6に記載のカレンダーにおいては、日付表示シートの表頁又は裏頁を捲った場合に、その頁が勝手に閉じるおそれがない。従って、暦の表示を切り替える際の作業を円滑に行うことができる。

(57)【要約】

【課題】複数の月にまたがる予定の記入や過去の記録の確認が容易であり、かつ、用紙の枚数を節約して紙資源の有効活用を図ることが可能なカレンダーを提供する。【解決手段】カレンダー1aは、上部に吊下げ具2が取り付けられるとともにシート配置部3e〜3hの周囲にスリット状のシート差込口4a〜7a、4b〜7bが形成された台紙3と、中央の折り位置8cで二つに折り曲げられて形成される表頁9a、見開き頁9b,9c及び裏頁9dに1ヶ月の暦が印刷されてそれぞれ日付表示部を構成する日付表示シート4〜7とを備え、日付表示シート4〜7は捲られた頁が互いに重なるように折り位置8cが台紙3の綴じ部3a〜3dに糸あるいはステープル等の細い金属線を用いて綴じられ、日付表示シート4〜7の日付表示部により4ヶ月分の暦が常に右回りに連続した状態で表示されるものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):