(54)【考案の名称】太陽電池モジュール

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】スペースエナジー株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池モジュールに関し、特に意匠性の向上した太陽電池モジュールに関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽光発電に用いられる太陽電池モジュールは、太陽電池セルを複数枚配設して配線部材で接続したものであり、様々なものに用いられている。一般的な太陽電池モジュールの構造としては、裏面層の上に太陽電池セルを設け、該太陽電池セルの上にEVA(エチレン−酢酸ビニル共重合体)層を設け、該EVA層の上にガラス層を設けたものが知られている。
【0003】

従来の太陽電池モジュールでは、太陽電池セル同士を接続するための配線部材が目立ち、人目につくような場所に設置すると、意匠性に問題があった。特に、Bass-Bar(バスバー)電極が目立ち、意匠性に問題があった。
【0004】
そこで、例えば、特許文献1には、太陽電池セルを複数枚配設して配線材で接続した太陽電池モジュールにおいて、前記配線材の表面を着色された樹脂層で被覆したことを特徴とする太陽電池モジュール(特許文献1、請求項1参照)が開示されている。
【0005】
しかしながら、配線部材を着色するにあたっては、特許文献1の図6に示される如く、配線部材の作製にあたって着色するための装置などを用意する必要がある。また、配線部材を着色された樹脂やフィルムで被覆しようとするとそれだけ材料費がかさむという問題もある。
【0006】
そこで、例えば、特許文献2には、透光性基板の上に受光面側封止材、複数の太陽電池素子を配列してなる太陽電池素子群、裏面側封止材および裏面保護材を順次積層し、各太陽電池素子を電気的に接続する配線のうち非透明性配線を太陽電池素子群の周辺部に設け、さらに前記太陽電池素子群に対向する部位に配した受光面側封止材部分を透明材により成し、前記太陽電池素子群の周辺部に対向する部位に配した受光面側封止材部分を遮光性材により成したことを特徴とする太陽電池モジュールが開示されている(特許文献2、請求項1参照)
【0007】
より具体的には、受光面側充填材は、太陽電池素子上に積層される透明な受光面側封止材部分であることに対し、受光面側充填材については、遮光性材により成し、たとえば太陽電池素子と対向しない部位の全部または一部分を白色化もしくは着色化させた(特許文献2、明細書段落0048参照)太陽電池モジュールを開示している。
【0008】
しかしながら、このような構造だと、透明な受光面側充填材と、顔料などを含有させて着色化させた受光面側充填材(特許文献2、明細書段落0052参照)とを用意する必要があり、製造工程が複雑になったり、費用がかかるという問題があった。
【0009】
一方、太陽電池モジュールには、太陽電池モジュールの外周部にモジュールの枠(フレーム)を設けたタイプのものと、モジュールの枠を設けないフレームレスタイプのものがある。フレームレスタイプでは、フレームが不要であるため材料費が安くなるばかりでなく、太陽電池モジュールの外観がスッキリとして見えるため、意匠性も優れるという利点がある。
【0010】
フレームレスタイプの太陽電池モジュールとしては、例えば、特許文献3に開示されたようなフレームレス太陽電池モジュールが知られている。

【効果】

【0026】
本考案に係る太陽電池モジュールによれば、コストや手間をかけることなく、意匠性が飛躍的に向上した太陽電池モジュールを提供することができるという著大な効果を有する。

(57)【要約】

【課題】コストや手間をかけることなく、意匠性が飛躍的に向上した太陽電池モジュールを提供する。【解決手段】裏面被覆材と、前記裏面被覆材上に設けられたセル裏面封止層と、前記セル裏面封止層上に設けられ、複数枚配設されて配線材で互いに接続された太陽電池セルと、前記配線材上に設けられ前記配線材を隠蔽するための着色隠蔽テープと、前記太陽電池セル及び着色隠蔽テープ上に設けられたセル表面封止層と、前記セル表面封止層上に設けられた透光性受光面被覆板と、を含むようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):