(54)【考案の名称】テニス用デジタル文字表示スコアボード

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、テニス等の試合において対戦相手の名札、ゲーム数、セット数等を表示するスコアボードに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、テニス等のサーブ側、とレシーブ側とが存在する競技において、両者の得点を表示する場合に、複数ゲームからなる1試合が終わるまで、掲示する必要がある。
つまり、テニスを例にとると、テニスは1ゲーム毎にサーブとレシーブのチェンジ及びコートのチェンジをするものであるが、1ゲーム終了毎に行う。

【効果】

【0005】
上述の様に、本考案のスコアボードは、デジタル表示の文字を形成するピースがゴム紐で結ばれているので、風が吹いても飛ばされないのが有効な利点である。また、名札の掲示板は、二重構造になっていて、雨の進入も避けられ、風に飛ばされることもないのが優れている利点である。さらに取り換え易く、見た目も優れている。

(57)【要約】

【課題】スコアボード本体をデジタル文字表示にして、7つのピースを用いて0〜9までの文字をピースの回転により実現し、テニスの試合中にゲーム数の掲示を簡単に選手または審判が行うことができるテニス用デジタル文字表示スコアボードを提供する。【解決手段】ピースに二つの穴を開けゴム紐で結びつけることにより回転をスムーズにしている。黒色系と黄色系の2色を用いて7個のピースで、デジタル表示の文字0〜9までを表示でき、試合のゲーム数を選手と観客が容易に把握できる。また名札板をスムーズに取り替えることが優れている。戦っている選手名や団体名を容易に入れ替えでき、強風の日に飛ばされなく、雨天時にも名札が濡れない様にできている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):