(54)【考案の名称】頁捲り部を設けた新聞

(51)【国際特許分類】

B42D 7/00 新聞 その類似物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、新聞に関し、特に、頁めくりを容易にするための切り込みを設けた新聞に関する。

【従来の技術】

【0002】
現在の新聞は、通常の日刊紙は、縦約54cm、約横80cmの紙(以下、「大判紙面」と略す。)を複数枚重ねて二つ折りに畳まれて(スタンダード(ブランケット)サイズ、縦約54mm,横約40mm)購読者に供給されている。そして、日刊紙では朝刊で36頁(9枚)〜40頁(10枚)、夕刊では20頁(5枚)程度である。新聞紙に使用される紙は古紙から再生される再生紙が使用され、その材質と厚さにより腰の柔らかい紙質となっており、そのため、頁数を指先で捲ることが困難である。この傾向は特に頁数が増加するにつれて著しい。特に、高齢者にとっては、視力の衰えばかりでなく、指先の運動神経の衰えなどにより、より困難を伴う。
【0003】
そこで、この問題を解決するために、新聞紙の左右の側部に複数の凹部(切り込み)を形成し、その凹部の形成する位置を一枚毎にずらして形成し、これを重ねて折り込むようにした新聞が提案されている(特許文献1)。
【0004】
また、新聞の折り込み線をすこしずつずらして折り畳むことにより、紙葉の左端が少しずつずれて現れるようにして各頁を捲り易くした新聞が提案されている(特許文献2)。
【0005】
しかしながら、紙面の側部に複数の切り込みを形成する方法は、紙面を重ねたとき、切り込みによって形成された凹部とそれに隣接する残部(凸部)が他の紙葉の凸部と凹部に引っ掛かり、かえって頁捲りに支障を来したり、残部(凸部)の部分がちぎれ落ちたりするという問題がある。
【0006】
また、一枚ずつずらして折り込む方法は、紙葉毎に紙面のサイズが異なり、新聞の頁毎の編集が煩雑になるばかりでなく、折り畳んで綴じる方法が複雑になり、そのために印刷工程から綴じ込み工程に至る設備の改変が必要となる。

【効果】

【0010】
本考案によれば、新聞紙面の側部に切り込み凹部を一カ所設けるだけで、頁捲りを容易に行える新聞を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】新聞の頁捲りを容易にする。【解決手段】新聞紙面の左側側部の所定の位置に一定の幅と各紙面毎に設定した所定の長さを有する矩形状の切り込み凹部10を設け、一枚目に相当する紙面に設ける切り込み凹部の長さを最大とし、順次続く紙面に設ける切り込み凹部の長さを紙面一枚ずつ所定の間隔で小さくして形成し、前記一枚目に形成した切り込み凹部を通して奇数頁の紙面の切り込み凹部の縁部が現れるようにした頁捲り部を設けている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):