(54)【考案の名称】家系図を書き込み出来る命名用紙

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、命名用紙に家系図を書き込みに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の命名用紙は子供が生まれたら七日目に名前を付け、命名用紙に名前を書き披露し、御七夜の誕生のお祝いします。

【効果】

【0005】
そこで、一つの生命が誕生することは両親の血受け、そして先祖との血統の証しとして、家系図を書き入れ、命名用紙に名前を書き入れて、御七夜のお祝いして生まれて最初の儀式の思いでとして、また、自分を中心にした家系図は一生の宝物として残す事でしょう。

(57)【要約】

【課題】家系図を書き込み出来る命名用紙を提供する。【解決手段】先祖との血統の証しとして家系図を書き込み面20を設け、本人を中心の家系図書き、命名用紙面10に名前を書き、御七夜の命名披露をします、裏に書いた文字が表に透き通さぬよいに色面3を中側にして張り合わせる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):