(54)【考案の名称】写真入り名刺兼メッセ−ジカ−ド

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、表地に花等の写真と名刺機能を印刷し、裏地には、格子状のメッセ−ジ記入欄を設けることにより,写真入り名刺機能とメッセ−ジカ−ド機能を合わせもつようにした写真入り名刺兼メッセ−ジカ−ドに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来,名刺は単独に名刺としての機能しか持たされず、写真入りの名刺もあったものの、人物写真等であり,花等の写真と名刺の組合せは,見られなかった。
また、裏地に予め経歴等を印刷しておく例はみられるものの、メッセ−ジ記入用の格子状の線分(ガイドライン)を予め印刷したものはみられなかった。
このため、メッセ−ジが必要な場合は、名刺の余白部分を利用して記入していた。
【考案が解決しょうとする課題】
【0003】
これらは,次のような問題点があった。
(1)表地に名前等の文字だけの名刺は、無味乾燥で相手に与える印象が薄かった。
(2)メッセ−ジが必要な場合等、余白部分を利用して記入することにより,ごちゃごちゃした名刺になり,相手に与える印象が悪かった。
本考案は,以上のような欠点をなくし,手軽に,効率的に使用できるようにしたものである。

【効果】

【0006】
名刺の利用価値が増えている現在,相手に如何に印象付けるかが課題である。
個性的な名刺,爽やかな名刺により、相手に親近感を与えることが期待できる。
また,裏地のメッセ−ジ記入用の格子状の線分(ガイドライン)に沿って書かれたメッセ−ジは、相手に好印象を与えることが期待できる。
本考案の写真入り名刺兼メッセ−ジカ−ドは、1枚の名刺でメッセ−ジカ−ドも兼用できる。
さらに,この簡易スタンドの応用例としては,
(1)名刺としての使用のほか、表地に季節の花等の写真を印刷し、裏地にメッセ−ジ記入用の格子状の線分(ガイドライン)を印刷しておくことにより、花のメッセ−ジカ−ドとして利用することができる。

(57)【要約】

【課題】手軽に,効率的に利用できる写真入り名刺兼メッセ−ジカ−ドを提供する。【解決手段】名刺の表地に、花等の写真と名前や住所等の名刺機能を予め印刷する。また、名刺の裏地に、縦書きでも横書きでも曲がらずにメッセ−ジが記入できるよう格子状の線分(ガイドライン)を予め印刷する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):