(54)【考案の名称】ハガキおよびピッキングリスト一体型配送伝票

(73)【実用新案権者】サンエイ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、通信販売業者、百貨店、あるいは運送業者が商品を配送する場合に使用する配送伝票を、複葉でなく単票化して、配送先情報、商品情報などを単票上に並べて印字することにより、情報の入力エラーを防止し、物流に要する時間短縮を行い、かつ顧客満足を向上させるため、配達連絡用などのハガキを一体化して組み込んだ配送伝票に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、運送業者の使用する配送伝票はカーボン複写のため、複葉からなる用紙を用いてきたが、近年は、ブラックカーボンによる汚れを避けるため、カーボン複写を使わず、配送担当部署や運送業者がノンインパクトプリンタにより配達書誌事項を一枚ものの用紙に印字する配送伝票が開発されてきた。(例えば特許文献1乃至2参照。)しかし、これらはハガキを一体化していない。一方、ハガキを配送伝票に一体化した技術も開発されている。(例えば特許文献3乃至5を参照。)
【0003】

【効果】

【0008】
本考案により、全面的に厚みが同じであり、必要な情報を配送伝票、ピッキングリストおよびハガキ上に、ノンインパクトプリンタによる同時入力印字が可能になり、入力エラーが非常に少なく、シンプルな構造のピッキングリストおよびハガキ一体型配送伝票を実現したものである。
【0009】
本考案では、粘着剤と剥離剤の印刷塗布において、インクにおける印刷手法と同じフレキソ方式を採用し、粘着剤にはホットメルト粘着剤を使用し、剥離剤には紫外線硬化型シリコン樹脂を使用した。この方法によれば、粘着剤および剥離剤を自由な場所に自由なデザインで塗布することができ、いわば粘着剤の印刷、剥離剤の印刷といえる技術であり、デザインを変えて粘着剤を印刷すれば帳票類裏面の接着強度も自由に変えることができる。しかもこれは印刷用基材に対し湿気を与えないので、印刷用基材の表面が波打つようなことなく、後工程に当たる通信販売業者、百貨店等や運送会社での印字工程がスムースに進行する。

(57)【要約】

【課題】製造工程が簡単で、資源の無駄が少ない、ノンインパクトプリンタで印字可能な、ハガキおよびピッキングリストを一体化した、運送業者が使いやすい配送伝票を提供する。【解決手段】印刷用基材2枚を上下に2層に配置し、配送伝票、ピッキングリストおよびハガキを一面に並べ、表裏に必要な印刷を施した後、上下2層の各印刷用基材の対向する裏面にそれぞれ粘着剤および剥離剤をインクにおける印刷手法と同じフレキソ方式で印刷塗布することを特徴とし、粘着剤と剥離剤が必要な部分にのみ印刷塗布されることにより、ピッキングリスト、ハガキ一体型の配送伝票を提供する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):