(54)【考案の名称】郵便物等の印刷物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は印刷された画像、アニメーション等を簡単に3D(立体)可視できる立体めがねを一体に組み合わせた郵便物等の印刷物に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の郵便物等の印刷物に印刷された写真画像、線画、絵、アニメ、漫画、(以下画像等という)などは平面的にしか見ることができず、製作者、撮影者などの意思、表現、臨場感などが十分に伝わらない問題があった。その画像等をアナグリフ画像により印刷し、3D(立体)に見ることができるめがねと一体にすることのできる郵便物等の印刷物を提供することを目的とする。
【0003】
すでに開示されている〔公開番号〕特開2006−27254〔公開番号〕特開2006−47923が示すメガネ部については、郵便物等の印刷物として作成する場合、使用する用紙の厚さに限度がある為強度が不十分となりメガネが変形する問題がある。
【0004】
メガネ部の着色透明シート部分は〔公開番号〕特開2006−27254〔公開番号〕特開2006−47923では郵便等での運搬時に接着したフィルム、セロファン等が剥離する問題がある。

(57)【要約】

【課題】印刷された画像、アニメーション等を簡単に3D(立体)で可視できる郵便物等の印刷物を提供する。【解決手段】印刷された画像等を簡単に3D(立体)可視できる立体めがねを一体に組み合わせた郵便物において、画像等が印刷された印刷部分Aと、印刷部分に連続して設けられた一対のめがね用透孔に対応して一対の着色透明シートによって構成された立体めがね部Bと、立体めがね部に連続して設けられた、折り返すことで立体めがね部を補強できる折り返し部とを備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):