(54)【考案の名称】設備付組立式飲食店舗

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は組立ハウスに空調設備、換気設備、電気設備、厨房設備、調理機器、看板を設置して、組立ハウスと設備、看板、装飾を一体化し、持ち運びのできるようにした飲食店舗に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、組立ハウスにトイレ、洗面所、エアコン等を設置し、住宅や事務所として利用していたものはあった。しかし完全な飲食店を目的として、組立ハウスに各必要設備を組み込んで一体化させた設備付組立式飲食店舗として完成させ、販売できる商品はなかった。その為、飲食店を出店しようとすれば準備段階に時間を費やし、工務店も受注後、個々の業者で順次施工していくため工期が長くなり、費用も膨らみがちとなり、その上、完成するまで店舖としての機能と、品質を確認することがむずかしかった。

【効果】

【0005】
(イ)工場にてシステム化された工法により量産が可能となり、規格化された材料と部品と設備機器を使用する事によりコストを下げると共に、高品質が可能となり、工場での検査、試運転をする事により事前の不良箇所をチェックでき、完璧な商品を作る事が可能となった。
(ロ)展示された完成商品を見る事ができるので、事前にスペース、価格、機能、工期を知る事ができ計画が立てやすくなった。
(ハ)飲食店舗として完成された商品を購入する事により、目的地に運搬設置するだけで営業する事ができるようになり、大幅に手間と工期が短縮されるようになった。

(57)【要約】

【課題】飲食店を出店する場合、受注を受けた工務店は、個々の業者で順次施工していくため、工期がながびき、費用も膨らむ傾向にあり、なおかつ、店舗が完成するまではその品質と機能の予測をする事がむずかしかった。これを解決するために、飲食店に必要な設備と組立ハウスを一体化した物を工場にて製作を行ない、即、営業する事が可能にできる設備付組立式飲食店舗を提供する。【解決手段】工場にて規格化された材料と設備機器を使用し、システム化された工法により、組立ハウス1の中に冷暖房機器2、電灯3、排気フード4、給気口5、手洗器6、調理機器7、換気扇8、排気口9、看板10を取付けて製作する事により、コストを下げ、高品質と機能にすぐれ、短い工期で営業する事を可能とした、設備付組立式飲食店舗を製作できるようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):