(54)【考案の名称】名刺および名刺製造用シート

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、数多くの情報を差し替え可能に添付することができる名刺および名刺製造用シートに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、名刺に数多くの情報を掲載するため、あるいは二つ折りや三つ折の名刺が使用されたりしている。このような二つ折りや三つ折の名刺は、印刷面がそれだけ大きいことから、掲載できる情報も豊富となり、例えば営業マンや経営者のための営業ツールとして効果的である。
【0003】
ところが、上記二つ折りや三つ折の名刺は、片面印刷というわけにはいかず、両面印刷がなされ、さらに折りたたみ加工が施されることから非常に高価なものになっている。しかも、一旦印刷すると、情報を差し替えるのには新たに版下をつくらなければならず、そのつどコストがかかる。また、担当者や部署ごとに異なる情報を掲載しようとすると、その数だけ版下をつくらなければならないため、これもコストがかかるという問題がある。
【0004】
そこで、名刺自体を袋状に形成した名刺が考案されている(下記の特許文献1)。このような袋状名刺では、中に所望の情報を掲載したカードを収容した状態で手渡すことができ、添付できる情報が飛躍的に増えるほか、その組み合わせや差し替えの自由度も大きくなる。

【効果】

【0009】
すなわち、本考案の名刺は、名刺部に封筒部が連結されているため、封筒部に所望の情報を掲載した情報カードを収容した状態で名刺を手渡すことができ、添付できる情報が飛躍的に増えるほか、その組み合わせや差し替えの自由度も大きくなる。そして、名刺部が封筒部から切り離し可能であるため、名刺を受け取った側は、情報カードが収容された封筒部から名刺部を切り離して、普通の名刺と同じように名刺ホルダ等に入れて整理したり、名刺スキャナで読み取って管理したりすることができる。このように、多くの情報を差し替え可能に添付できるとともに、普通の名刺と同様の整理や管理が可能となる。しかも、情報カードが収容された封筒部は、名刺部とは別に保管することが可能で、あとあとその情報が参照されたり、さらにほかの人に渡されて拡散されたりする機会が増え、営業ツールとして絶大な威力を発揮する。
【0010】
本考案の名刺において、上記封筒部は、収容袋部に対して折りたたみ可能に連結された蓋片を備えて構成され、上記蓋片と名刺部が切り離し可能に連結された場合には、名刺部を切り離した封筒部は、収容袋部に蓋片が連結されることから、中の情報が容易に見えてしまったり、情報カードが欠落したりといったことが問題になるおそれがなくなる。
【0011】
本考案の名刺において、上記名刺部が蓋片の内側に折り畳み可能となっており、名刺部が蓋片の内側に折りたたまれ、さらにその蓋片が収容袋部に対して折りたたまれて収容袋部を蓋した状態で、名刺部が蓋片によって隠れるように構成されている場合には、折りたたんだ状態で名刺部が蓋片に隠れるため、名刺部が汚れにくく、誤って汚損された名刺部を渡してしまうような失礼が起きにくくなる。また、蓋片を開いた状態で名刺部と情報カードの両方を見せながら、名刺交換と情報カードの内容説明を行うことができ、営業ツールとして絶大な威力を発揮できる。
【0012】
本考案の名刺において、上記収容袋部は、名刺大のカードが収容可能となるよう名刺部よりも大きく構成されている場合には、情報カードとして最も入手しやすい名刺大のカードを使用することができることから、情報カード作成のコストを抑え、多様な使い方に対応できる。
【0013】
本考案の名刺において、上記名刺部が封筒部から切り離される前は、上記名刺部が封筒部の開口を蓋する蓋片を兼ねている場合には、展開したときの面積が小さくなってA4サイズ等の所定の用紙から名刺製造用シートを切り出す場合に、その切り出し数を多くとることができ、個人ユーザにとって使いやすいものになる。
【0014】
本考案の名刺製造用シートは、名刺部に対し、折りたたみと接合により封筒部を形成する封筒形成シートが切り離し線を介して連結されているため、できた名刺は、名刺部に封筒部が連結されるため、封筒部に所望の情報を掲載したカードを収容した状態で名刺を手渡すことができ、添付できる情報が飛躍的に増えるほか、その組み合わせや差し替えの自由度も大きくなる。そして、名刺部が封筒部から切り離し可能であるため、名刺を受け取った側は、カードが収容された封筒部から名刺部を切り離して、普通の名刺と同じように名刺ホルダ等に入れて整理したり、名刺スキャナで読み取って管理したりすることができる。このように、多くの情報を差し替え可能に添付できるとともに、普通の名刺と同様の整理や管理が可能となり、営業ツールとして絶大な威力を発揮する。しかも、情報カードが収容された封筒部は、名刺部とは別に保管することが可能で、あとあとその情報が参照されたり、さらにほかの人に渡されて拡散されたりする機会が増え、営業ツールとして絶大な威力を発揮する。
【0015】
本考案の名刺製造用シートにおいて、上記封筒部は、折りたたみと接合により収容袋部を形成する収容袋形成シート部と、上記収容袋形成シート部に対して折りたたみ可能に連結された蓋片とを備えて構成され、上記蓋片と名刺部が切り離し可能に連結された場合には、名刺部を切り離した封筒部は、収容袋部に蓋片が連結されることから、中の情報が容易に見えてしまったり、情報カードが欠落したりといったことが問題になるおそれがなくなる。

(57)【要約】

【課題】数多くの情報を差し替え可能に添付することができ、しかも名刺の整理や管理に適している名刺を提供する。【解決手段】名刺部2に封筒部3が切り離し可能に連結されたことにより、封筒部3に所望の情報を掲載した情報カード7を収容した状態で名刺1を手渡すことができ、添付できる情報が飛躍的に増えるほか、その組み合わせや差し替えの自由度も大きくなる。そして、名刺部2が封筒部3から切り離し可能であるため、名刺1を受け取った側は、情報カード7が収容された封筒部3から名刺部2を切り離して、普通の名刺と同じように名刺ホルダ等に入れて整理したり、名刺スキャナで読み取って管理したりすることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):