(54)【考案の名称】登山靴用中敷

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は登山の際に下肢の関節や筋肉の疲労を緩和する登山靴用中敷に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、登山の初心者が登山靴を使用して登山をすると、下肢の関節や筋肉に過度の負担がかかり、登山後に多大の疲労が残るものであった。例えば登りの際には、下肢の前部に荷重がかかり、降りの際には下肢の後部に荷重がかかる為、偏った荷重によって膝や関節の痛みや筋肉の疲労が蓄積する。
【0003】
しかしながら、登山用の靴においては、登山の際の登坂力や足の保護に主眼を置いたものが多く提案されており、上記のような登山初心者の筋肉や関節疲労を考慮したものはほとんど見られなかった。
【0004】
そこで、板状取付具本体の両端に締結ベルトを備え、その板状取付具本体の前面には土踏まず部に当接する当接部があって、その後面には靴踵部の前面及び底面に当接する後方段部を備えた登山靴用取付器具が提案されている(特許文献1参照。)。また、架台中央部下に凸部を設け、それをサイズや形の違った靴に取付けるようにした歩行用補助器具もある(特許文献2参照。)。
【0005】

【効果】

【0009】
本考案の登山靴用中敷は、以上のように構成されているので次のような優れた効果を有する。
(1)可撓性を有するゴムまたはプラスチック製の平板から構成されているため、登山靴の中底に容易に挿入して使用できるため、軽いと同時に登山靴の底部に何らの変更を与えることがないという効果がある。
(2)中底と当接する平面底部と、足裏と当接し土踏まず部に沿って膨出する表面凸部とから構成されるため、土踏まず部に適度の刺激を常時与えることができ、登山に不慣れな初心者であっても下肢の関節や筋肉の疲労を軽減できるという効果がある。

(57)【要約】

【課題】登山の際に下肢の関節や筋肉の疲労を緩和する登山靴用中敷を提供する。【解決手段】可撓性を有するゴムまたはプラスチック製の平板からなり、前記中底と当接する平面底部と、足裏と当接し、この足裏の土踏まず部に臨んで膨出する表面凸部とから構成される。凸部の隆起高さは、登山靴利用者の土踏ます部の窪みと同等かやや高い5〜10mmであり、中敷き本体の外縁からなだらかに隆起して形成され、また平面底部と靴の中底とを両面テープなどによって張り合わせて使用する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):