(54)【考案の名称】ラベル付き薬品容器

(73)【実用新案権者】株式会社岩田レーベル

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、取り扱い時の注意・警告喚起の表示を施したラベル付き薬品容器に関する。

【従来の技術】

【0002】
医療従事者は、それぞれに異なる患者毎の様々な条件に対する多様な医療作業に対応し、また時として刻々と変化する患者の状態によっては迅速で適切な対応が要求され、ともすればその多忙さゆえに日常的に行っている対処のなかの一部を忘れたり、処置済と勘違いするなど人為的なミスが起き易い状態は医療操作には常に潜在している。このような状況下においても、医療作業に使用する医薬品は、その品名、ロット番号、製造日、品質保持期限等の医薬品情報を表示したラベルが貼着されているバイアル、アンプル、シリンジなどの薬品容器を使用しているのが一般的である(特許文献1参照)。
【0003】

(57)【要約】

【課題】 注意・警告表示を、目で見れば容易に確認できるようにしたラベル付き薬品容器を提供する。【解決手段】 薬液が収容可能な透視性を有する薬品容器2と、該薬品容器2の胴部2aに貼着される非透視性のラベル3と、を備え、ラベル3の表面3aには、薬品情報表示部Aが設けられ、裏面3bには、注意・警告情報表示部Bが設けられ、ラベル3が胴部2aに巻き付けられた状態で、ラベル3の両端が一定間隔離れることによって形成されるラベル空白領域Cからラベル3の裏面3bの注意・警告情報表示部Bを視認することを特徴とすることにより、注意・警告情報を、ラベル両端の間から透かして視認することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):