(54)【考案の名称】太陽電池モジュールの取付構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】学校法人近畿大学

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電によって電力を得るための太陽電池モジュールを建物や地面など運用箇所に固定するための太陽電池モジュールの取付構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池は、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する装置である。太陽光発電システムは、商用電源への接続を行い電力のやりとりを行う連系システムと、商用電源への接続を行なうことなく発生した電力をバッテリーに蓄え、目的の負荷の稼働に用いる独立型システムに大別される。
家庭用電源として太陽光発電システムを用いる場合、太陽電池モジュールを設置するスペースを確保できる屋根上や地面上等の場所がある場合、家庭の消費量に見合う電力を得る目的若しくは商業的な売電を目的とする場合は、連系システムの形態を採ることが多い。一方、集合住宅等太陽電池モジュールを設置するスペースを確保できない場合や電力の負荷が小型のものに限られる場合は、独立型システムの形態が採られる。特に、独立型システムの場合、太陽光を十分に受けることができるベランダやバルコニーが太陽電池モジュールの設置場所となる。ベランダとバルコニーには厳密な区別はないが、屋根付きのものをベランダ、屋根無しのものをバルコニーと呼ぶことが多い。簡単のため、以降ベランダという表現を前記両者またはその他類似の構造のものに対して用いる。
【0003】
太陽電池モジュールの取付構造として、従来、図33に示すように、アングル(山形鋼)を組んで、その一部においてベランダ手摺の縦格子11などの柵状構造に金具で固定しまた、他の部分で太陽電池モジュールを支持する手段が採られていた。
【0004】
しかし、従来の太陽電池モジュールの取付構造では、設置対象が柵状など、金具等を用いての固定が容易な構造であることが必要であった。また、コンクリ―トの平板からなるパラペットが設置対象となる場合は、たとえば、コンクリートに複数のアンカーを打ち込み、これに対して太陽電池モジュール取付け構造をねじ止めする等の作業を必要としていた。また、太陽電池モジュール取付構造及び太陽電池モジュールの取付け作業は、ベランダ手摺の外側にて行う必要があり、作業性が悪いのみならず、たとえばアパート、マンションの高層階等高所にあっては危険を伴い作業自体が不可能な場合があった。
【0005】
かかる問題を解決するものとして、ベランダ手摺の内外にそれぞれ2本の足を設け、これでベランダ手摺を挟み込む形で架台を固定することで設置作業を容易にし、また、多くの構造のベランダ手摺への対応を実現する太陽電池モジュールの取付構造が既知である(たとえば、特許文献1参照)。

【効果】

【0016】
本考案によれば、太陽電池モジュールおよび太陽電池モジュール取付け構造の取付け作業をベランダ手摺の内側にて安全かつ簡単に、建物に穿孔等の加工を施すことなく実施できる。また、柱を用いることにより取付けの自由度が高くなり、太陽電池モジュールのベランダ手摺からの突き出し量や方位を、設置場所の日照条件、風の影響、意匠、法律による規制、建物管理上の取り決めなどを考慮して最適に調整することができる。また、太陽電池モジュール取付け状態の再調整や太陽電池モジュールの清掃等のメインテナンスも容易となる。
【0017】
請求項2に記載の考案によれば、上記効果の他特に、ベランダ手摺の外側により近い側に太陽電池モジュールを配置でき、太陽光を受け難い朝夕や、太陽の高度が高くベランダの天井の影の影響を受けやすい夏至においても太陽光をより長時間受けることが可能となる。また、バルコニーなど天井がない設置箇所、また天井がボード等柔軟な構造であって、請求項1に記載の考案によっては対応できない場合に対応が可能となる。
【0018】
請求項2に記載の考案による効果の他、請求項3に記載の太陽電池モジュール取付け構造はシンプルな構造をしており、原材料費用、加工費用、設置を専門業者に依頼した場合の作業費用などを低減できる。
【0019】
請求項4に記載の考案によれば、太陽電池モジュールおよび太陽電池モジュール取付構造の取付け作業をベランダ手摺の内側にて安全かつ簡単に行った後、太陽電池モジュールを旋回させてベランダ手摺から外側に突き出して固定することができ、作業者および第三者に対して安全である。また、太陽電池モジュールの方位を受光に最適の方位に容易に設定できる。
【0020】
請求項5に記載の考案によれば、作業しやすい高さで太陽電池モジュールの取付けを行った後運用時の高さに調整することができ、作業性が向上する。また、太陽電池モジュールを複数設置する際には、高さをずらして設置するなどさまざまな運用状態に応じて任意な調整が簡単にできる。さらに、太陽電池モジュールの上端と下端を支える2つの支持部材が独立している場合、上下の支持部材と柱の衝合部の間隔を変えることによって、太陽電池モジュールの角度(受光面の水平面とのなす角)を容易に変更できる。太陽電池モジュールの設置角度は発電量に大きく影響するので、季節や状況、意匠上の問題に応じて最適な設置角度を選び、最大限の発電能力を得ることができる。また、角度、方位の再調整や太陽電池モジュールの清掃等のメインテナンスも容易となる。

(57)【要約】

【構成】 1本乃至複数本の柱を構造内に持ち、該柱によって空中内の特定の位置、角度に太陽電池を支持する太陽電池取付け構造であって、柱の両端が、建物の床と天井、または相対向する壁面等一定距離離隔した2つの独立した構造に対し押し当てられている太陽電池モジュールの取付け構造を構成した。また、特定の柱を軸として太陽電池モジュールが旋回可能となるよう、内、外2つの柱構造が嵌め合いの関係にある構造または軸受け構造を、柱と太陽電池モジュールを支持する部材との間または柱を構成する複数の部材間に有する太陽電池モジュールの取付け構造を構成した。【効果】 太陽電池を、幅広い取付対象へ対応でき、設置箇所へ加工を施すことなく取付けが可能で、施工性の向上およびそれに伴うコスト低減、安全性の向上を図ることが出来た。また、発電に有利な設置角度、方位を得るための太陽電池面の調整が可能となった。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):