(54)【考案の名称】電動歯車式太陽追尾装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【効果】

【0003】
上記明細書の様な構造で常時ソーラーパネルに直角光が当れば効率は倍加し、自前で駆動する事で環境汚染もなく、家庭用発電機設備としても有効である。

(57)【要約】

【課題】 ローコストで簡便な電動歯車式太陽追尾装置【解決手段】 自前の太陽電池で駆動する太陽追尾装置でベース基盤面上に設備する両輪を付けたソーラーパネル架台と、四季の太陽高度に合わせて斜傾する主体のパネル回転用シャフトに、直角に固着した突起状シャフトは一体でパネル架台とまわり対偶で噛み合い、12時間に180度の回転速度で昼夜逆転の自動逆転装置を用い主体の回転用シャフトを回転させ日毎の太陽を追尾する、又主体の回転用シャフトはベース表面下に設置の横軸で吊り下げられたシャフト受けシリンダーに固着した円弧状のアームとスリット、並びに駆動用二連の歯車状クランクのクランクピン等による一年周期の揺動により四季における太陽南中時の太陽高度に追従する、この左右回転と傾斜角の揺動による二様の動きで電動歯車式太陽追尾装置はソーラーパネル面に太陽光を鉛直に受けることが出来る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):