(54)【考案の名称】印刷物

(73)【実用新案権者】株式会社ヤマチナ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書き込みされる印刷物又は電子ファイル用テンプレートに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、便箋類において罫線部分を線状に配列させた複数の文字により表示したものは、特許文献1に開示されている。

【効果】

【0006】
本考案によれば、以下のような効果を有する。
(1)「罫線」のみならず、印刷により構成される構成部分の全部又は一部を文字により表示させることで、様々なバリエーションの印刷物を作成できる。
(2)一見して文字と認識できないサイズの文字で表示させることで、書き込んだ文章や文字の邪魔にならず、また文字を認識できたときの感動・インパクトが大きい。
(3)印刷物の他に電子ファイル用テンプレートにも利用させることで、本考案の活用範囲が広がる。

(57)【要約】

【課題】「罫線」のみならず、印刷により構成される構成部分の全部又は一部を文字により表示させること、及び、一見して文字と認識できないサイズの文字で表示させる。【解決手段】書き込みされる印刷物の印刷により構成される構成部分の全部又は一部を文字により表示し、当該文字は一見して文字と認識できないサイズの文字で表示したことを特徴とする印刷物である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):