(54)【考案の名称】推進用ジャッキの支圧ブロック

(73)【実用新案権者】秩父コンクリート工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、下水道管を推進工法によって敷設する場合に用いる推進用ジャッキの後方に重畳設置して使用する支圧ブロックに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、ライナープレート使用の丸形または小判形立坑内から推進用ジャッキを用いて下水道管を推進工法によって敷設する場合、推進用ジャッキと前記ライナープレート間に、現場コンクリートを打設して、蒲鉾状の支圧用コンクリート壁を形成していたが、支圧用コンクリート壁が完成(固化)するまでに日数を要し、しかも推進工事終了後、それを解体撤去するために多大の労力を要するばかりでなく、大量の廃棄物処理を必要とした。
【0003】
そこで、先に、工事日数と、廃棄物量の低減を図るため、図6に示すようなコンクリートの表面を鋼材で覆った角柱状の支圧ブロック(イ)を予め用意し、それを重畳して支圧壁(P)を構成し、その支圧壁(P)とライナープレート(ロ)間に間詰用コンクリート(ハ)を打設する工法を開発して、工事日数と廃棄物処理量の低減に成功した。図中(ニ)は推進用ジャッキである。
【非特許文献1】秩父コンクリート工業株式会社 平成19年10月発行カタログ「バックロック」

【効果】

【0008】
本考案に係る支圧ブロックは、平面形状を台形としたので、径の異なる丸形立坑に対応することができ、また、角形立坑に用いる場合、支圧壁の大きい壁面側を方形立坑の壁面に対向させることにより、支圧力の大きい支圧壁とすることができる。
【0009】
また、上部に吊下げフック取付部を設け、且つ上面には凸部を、また下面には前記凸部と嵌合する形状の凹部を設けたので、本案支圧ブロックを重畳して支圧壁を構成する場合の作業性に優れた特長がある。
【0010】
なお、重畳物連結部は透孔とし、その透孔で重量した支圧ブロックの上下をボルト連結することにより、重畳した支圧ブロックを連繋することができる。

(57)【要約】

【課題】径の異なる丸形立坑にも対応でき、また方形立坑に用いる場合、支圧力を増す使い方ができると共に、支圧壁構成時の作業性がよい支圧ブロックを提供する。【解決手段】平面形状を台形にした枠体1内にコンクリートモルタル2を充填すると共に、上面には凸部2aを、また下面には前記凸部2aと嵌合する形状の凹部2bを設け、且つ前記枠体1と連繋した適数個の吊下げブロック取付用ボックス4,4を前記コンクリートモルタル充填部の上面に埋設すると共に、前記枠体1の外周の任意の場所に、重畳物連結部5,5を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):