(54)【考案の名称】簡易上製本

(73)【実用新案権者】有限会社プラスアクト

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は簡易上製本に係り、より詳細には、綴じ込み用紙の追加および差し替え可能で、綴じ込み用紙を水平に見開くことができ、変形や破損にも強い簡易上製本に関する。

【従来の技術】

【0002】
特許文献1にはスパイラルリングを使用したノートが、特許文献2にはスパイラルリングを使用したアルバムが示されている。スパイラルリングは樹脂コーティングした金属製のものやPETなどの樹脂製のものがある。このようなスパイラルリングを使用したノートやアルバムは、綴じ込み用紙を重ねて一側端の綴じ穴にスパイラルリングを通すだけでありスパイラルリングが露出している。そのため、スパイラルリングは、外からの力による変形や破損が起きやすく、高級感も得られないとの欠点がある。
【0003】
特許文献3には、綴じ込み用紙の背部にホットメルト接着剤を使用した簡易上製本が示されている。図6に示す簡易上製本10は、綴じ込み用紙5の背部にホットメルト接着剤13を塗布し、表紙本体1の背部2の内側に接着させるものである。このような簡易上製本は、ホットメルト接着剤13を熱して溶かすことで、綴じ込み用紙の追加や差し替えが可能であるが、ページめくり時に綴じ込み用紙が水平になりにくいとの欠点がある。
【0004】
なお、書籍において、並製本は比較的廉価な雑誌などに見られ、本文と表紙を同じサイズに仕上げるもので、上製本は高価な児童書などに見られ、本文と表紙を別に製作し表紙を本文より少し大きな形状に仕上げる。簡易上製本は、手造りで上製本が製作でき、小冊子、アルバム、ガイドブック、レストランのメニューなどに適す。アルバムやメニューでは、追加や差し替えが容易で、ページめくりした時、綴じ込み用紙が水平となるように開けられることが望ましい。

【効果】

【0009】
本考案による請求項1に記載の簡易上製本によれば、スパイラルリングを使用したので、綴じ込み用紙が厚手のものであっても水平に見開くことができる。綴じ込み用紙の追加および差し替えも容易である。加えて、スパイラルリングを枠部材で囲ったので、スパイラルリングの変形や破損がない。枠部材を表表紙と裏表紙の間の背部に組み込んだので、上製本として堅固なものにできる。このような上製本は、高級感が要求されるレストランのメニューや、結婚式の記念アルバムなどに好適である。
【0010】
請求項2の考案によれば、表紙本体の背部の両側長手方向に沿って折り曲げ部が設けられるので、表表紙と裏表紙が厚地のものであっても、容易に水平な見開きとすることができる。
【0011】
請求項3の考案によれば、台紙の一端もしくは両端の綴じ穴の個所を、切り欠きとしたので、スパイラルリングの端部に設けられたフックをひっかけることができる。そのため、綴じ込み用紙を開いたり閉じたりしても、スパイラルリングが抜け出ない。

(57)【要約】

【課題】綴じ込み用紙の追加および差し替えが可能で、綴じ込み用紙を水平に見開くことができ、変形や破損にも強い簡易上製本を提供する。【解決手段】簡易上製本10は、コ字形の枠部材7からなる背部2に表表紙1aと裏表紙1bが取り付けられた表紙本体1と、前記表表紙と裏表紙の各内側に、一側に設けられた複数の綴じ穴6が前記枠部材の開口部で互いに向かい合わせとなるように貼り付けられる台紙4と、前記表紙本体より小さな形状で、一側に複数の綴じ穴が設けられた綴じ込み用紙5と、前記枠部材の内部に収納され、前記台紙と前記綴じ込み用紙の綴じ穴に通されるスパイラルリング3と、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):