(54)【考案の名称】台紙付きラミネートカード

(73)【実用新案権者】エニカ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、台紙付きラミネートカードに関しており、詳しくは、臓器提供意思表示カードを連接した健康保険証などに最適な台紙付きラミネートカードに関している。

【従来の技術】

【0002】
本願考案者は、カードが用紙本体に切離し可能に設けられており、プリンタを使用してカード上に固有情報を印字した後に用紙本体から切離すと表面にラミネート加工がなされているラミネートカード(特許文献1)を提案し、また、記録した事項が改竄不可に形成した用紙(特許文献2)を提案している。

【効果】

【0013】
請求項1は、カード表紙、カード裏紙、付加カードを区画形成したカード用紙の表面にラミネート加工層を設けてセパレータ紙を貼着し、上記ラミネート加工層は、上記カード用紙とセパレータ紙の接合面にプラスチックフィルムを剥離可能で再剥離不可に接着し、上記付加カードに設けた特別情報記載欄が、上記カード用紙と上記プラスチックフィルムとの間に中間剥離紙を介在させ、上記セパレータ紙から上記カード用紙のプラスチックフィルムに達する切り込みを入れた剥離紙切込みを設けたものであるから、カード形成後に上記中間剥離紙を介在させたプラスチックフィルムを上記剥離紙切込みから剥がして上記特別情報記載欄を露出し、該特別情報記載欄に署名等を含む特別情報を記載してから剥がしておいたプラスチックフィルムを貼着することにより、上記特別情報記載欄にラミネート加工がなされるものであって、当該特別情報記載欄記載した事項が改竄不可となる効果を奏するものである。
【0014】
請求項2は、剥離紙切込みが中間剥離紙の一辺を残し、他の三辺に切り込みを形成したものであるから、特別情報記載欄に対するラミネート加工が容易となる効果がある。
【0015】
請求項3は、カード裏紙の表面となるラミネート加工がなされた面に、ラミネート加工後も文字等が記載できる備考欄を設けたものであるから、カード形成後であっても、備考欄に文字等を記載することができるものとなる。
【0016】
請求項4は、カード用紙が、カード表紙とカード裏紙が健康保険証であり、付加カードが臓器提供意思表示カードであり、上記付加カードに設けた特別情報記載欄は、提供する臓器及び提供しない臓器の種類、署名をする年月日、自筆による本人署名欄などを設けたものであるから、常時携帯している健康保険証に臓器提供意思表示カードが一体に設けられているので、臓器提供の意思を有する人が脳死状態になり又は心臓が停止した時に、迅速に臓器提供の意思確認ができ提供者の意思を確実に生かせるものとなる。

(57)【要約】

【課題】健康保険証に連接して臓器提供意思表示カードを設け、臓器提供の意思を表示した事項がラミネート加工されて改竄不可としたカードを提供する。【解決手段】カード用紙2は、カード表紙10、カード裏紙20、付加カード30が連接されている。カード表紙10とカード裏紙20は健康保険証であり、付加カード30は臓器提供意思表示カードである。付加カード30の表面に特別情報記載欄を設けている。カード用紙2にラミネート加工層を介在してセパレータ紙を貼着する。付加カード30の特別情報記載欄を形成した部分は、カード用紙2と第1のプラスチックフィルムとの間に特別情報記載欄を覆う大きさの中間剥離紙を重合し、セパレータ紙から第2のプラスチックフィルムを貫通して第1のプラスチックフィルムに達する剥離紙切込み34を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):