(54)【考案の名称】名刺

(73)【実用新案権者】株式会社電巧社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、初対面の人同士がお互いの名前や身分を紹介する際に用いる名刺に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に使用されている名刺の大きさは、規格サイズに基づいている。
【0003】
規格サイズとは、印刷業界で用いられるサイズをいい、具体的には、普通型5号(61×100)、普通型4号(55×91)、普通型3号(49×85)、小型4号(39×70)、小型3号(33×60)、小型2号(30×55)、小型1号(28×48)をいう(以上、すべて単位はmm)。
【0004】
しかし、規格化された名刺の中では、多くの名刺の中で自分が渡した名刺と他人の名刺との区別が付かず、交換後に自分の名刺が名刺入れや名刺収納ケースの中に埋もれてしまい、名刺を受け取った人に、いざ必要なときに自分の名刺をみつけてもらえないことがある。
【0005】
また、規格サイズの名刺においては、その他多数の名刺と大きさが変わらないため、印象が残らないことも多く、名刺を渡しても氏名等をなかなか覚えてもらえなかったり、また、飛び込み営業や一度会ってそれっきりになってしまった場合などは、名前を忘れられてしまって、名刺はごみとして捨てられてしまうことがある。
【0006】
そこで、登録実用新案第3031326号公報記載の考案が提案されている。この考案は、図7に示すように、名刺本体5と絆創膏等を保持する保持構造体50からなり、その保持構造体50を形成する矩形状シート材51の外面にはメモ欄が設けられていることを特徴とする名刺に関するものであって、渡した人に強い印象を与えることができ、またその厚さから目につきやすいものとなっている。

【効果】

【0016】
以上説明した本願に係る考案によれば、いずれの請求項に係る考案においても、基本的には、従来の規格サイズの名刺より縦横いずれかのみの長さを長くするだけで良く、紙の増量分もほんのわずかで済む。また、縦横一方側の長さは規格サイズどおりであることから、従来の規格サイズの名刺作成装置をほとんどそのまま利用することができる。すなわち、本願に係る考案は極めて簡易な構成で、かつその製造コストも極めて低廉に抑えることが可能となる。
【0017】
また、従来の名刺と比較して、縦横いずれかの長さを変えた大きさなので、かさばることなく市販の名札入れや名刺収納ケース等に収納することもできる。
【0018】
そして、極めて簡易な構成であるにもかかわらず、通常の規格サイズの名刺と一緒に揃えると、着色部分や突出片が嫌でも目に止まることになる。このため、会社名や名前を覚えてもらいやすくなり、セールストークとしての話題づくりに役立つものにもなってビジネスチャンスにつなげることができる。また、着色する色を変えたり、突出片の形態のバリエーションを増やしたり、社名や電話番号等を記載することにより個人個人のデータ管理にも役立てることができる。

(57)【要約】

【課題】極めて簡易な構成で、製造コストも低廉であるにもかかわらず、多くの名刺の中から自分の名刺を即座に見分けてもらえることができ、印象に残るような名刺を提供する。【解決手段】名刺本体1の縦横いずれか一方の長さを、規格サイズどおりとさせるとともに、他方の長さを規格サイズより長く形成させ、少なくとも、その長い側の端部10を着色させた。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):