(54)【考案の名称】多機能ブルートゥースインターネット電話装置

(73)【実用新案権者】▲こう▼鴻科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、インターネット電話装置に関し、特に、無線ブルートゥースを使用しインターネット通話を行うインターネット電話装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
Skype等のインターネット電話技術の盛栄に伴い、VoIPの通話品質が既に従来電話の通話品質に相当し、益々多くの人がVoIPを用いて音声通信を行うよう変更するようになっている。しかしながら、VoIPは、パソコンを介して初めて使用でき、これがSkype等のVoIPに依然として障害となっている。これらの問題を解決するため、既に多くのメーカーがVoIPを支援できるブルートゥース無線通話装置を推進している。
【0003】
一般のVoIPのブルートゥース無線通話装置は、いずれもUSBインターフェイスを有し、このUSBインターフェイスをパソコンのUSBインターフェイスに挿入し、この装置に対応する駆動プログラムのインストールが完成した後、使用者は、自らSkypeのようなインターネット電話ソフトウェアプログラムをインストールすることができる。このようにして、他のSkypeユーザーの入電コールを有する時、VoIPに基づくブルートゥース無線通話装置自身が有する電子ベルモジュールが音声を発生し、入電コールがあることを提示する。使用者は、通話ボタンを押せば、一般の家庭用電話と同様にコール者と音声通話を行うことができる。
【0004】
VoIPのブルートゥース無線通話装置はUSB自身が有するPnP機能を介して、駆動プログラムのインストールを自動完成し、ブルートゥース無線通話装置のハードウェアを使用可能にするが、VoIPのブルートゥース無線通話装置は、依然として相対するインターネット電話ソフトウェアプログラムのサポートを必要として始めてインターネット電話システムに実際に入り、インターネット電話の通話を行うことができる。従って、パソコンを使用することが不得意な人にとって、依然として使用上の障害を有する。通常、VoIPのブルートゥース無線通話装置は、依然として十分パソコン上のインターネット電話ソフトウェアプログラムの設定、操作に依存している。インターネット電話ソフトウェアプログラムを介してインターネット電話システムにログオンする必要がある時、使用者は、自らID、パスワードを入力する必要がある。ホストコンピュータ中にインターネット電話ソフトウェアプログラムが元々インストール、実行されていない時、使用者は、更に自身でプログラムを取得、インストール、設定する方法を考えなければならない。

【効果】

【0009】
本考案の多機能ブルートゥースインターネット電話装置は、インターネット接続能力を有するホスト装置(host)を介してインターネット電話システムを経由でインターネット通話を行うことができる。

(57)【要約】

【課題】インターネット接続能力を有するホスト装置を介してインターネット電話システムを経由しインターネット通話を行う多機能ブルートゥースインターネット電話装置の提供。【解決手段】本考案の多機能ブルートゥースインターネット電話は、記憶モジュール、ブルートゥースモジュール、USBモジュール、制御モジュールを含む。制御モジュールが有するUSBインターフェイスをホスト装置のUSBインターフェイスに挿入した後、記憶ユニットから読み出したIDおよびパスワードに基づき、インターネット電話ソフトウェアプログラムを経由しインターネット電話システムにログオンを完成した後、ブルートゥースモジュールによってインターネット電話システム中の通話対象からの通話音声をブルートゥース通話装置に伝達し、ブルートゥースモジュールによって、ブルートゥース無線通話装置の通話音声をインターネット電話システム中の通話対象に伝達する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):