(54)【考案の名称】太陽電池モジュール用端子ボックスと端子ボックス付太陽電池モジュール

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】エンゼル工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池モジュールの電気出力を取り出すために用いる太陽電池用端子ボックスに関する。また、本考案は上述の太陽電池用端子ボックスを含む端子ボックス付太陽電池モジュールに関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池モジュールの電気出力を取り出す端子ボックスにあって、従来、一対の端子板の各々に一対の外部接続ケーブルを設けた端子ボックスが使用されている。この端子ボックスを用いて2個の太陽電池モジュールの同一極をケーブルにより接続し、各太陽電池モジュールを並列接続することができる。
【0003】
従来の上記太陽電池モジュール用端子ボックスは、ボックス本体内に、太陽電池モジュールのプラス電極及びマイナス電極が接続される対の端子板を配設し、その各端子板の両端に、外部接続用ケーブルを連結し、当該ケーブルの先端に接続用雄コネクタ又は雌コネクタを接続している。(例えば、特許文献1参照。)。

【効果】

【0023】
本考案の一の態様にかかる端子ボックスは、一対の芯線が連続したケーブルを、ケーブルの絶縁体が取り除かれて露出した芯線部分で、端子板に接続したものである。端子ボックスの筐体と一対のケーブルは、2箇所の引出し部分で固定され、当該2箇所の固定部分が相互に補完的に働くので、端子ボックスとケーブル固定の要求が軽減された太陽電池モジュール用端子ボックスとなる。この結果、製作の時間と費用が軽減され端子ボックスとなる効果もある。
【0024】
本考案の他の態様にかかる端子ボックス付太陽電池モジュールは、上記と同様に、ケーブル固定の確実化と強力化が実現された端子ボックス付太陽電池モジュールである。この結果、製作の時間と費用が軽減され端子ボックス付太陽電池モジュールとなる効果もある。

(57)【要約】

【課題】端子ボックスとケーブル固定の要求を軽減した太陽電池モジュール用端子ボックスを得るものである。【解決手段】ボックス11、ボックス内に配設された端子板20、30、複数のケーブルからなり、端子板は太陽電池モジュールの出力線が接続される部位である出力線受容部21、31を有し、端子板に接続された複数のケーブルが前記ボックスの外に引出されている太陽電池モジュール用端子ボックス1において、一対のケーブル41、42が同一の端子板20に接続され、一対のケーブル41、42は芯線44が連続していて、ボックス内で一対のケーブルの絶縁体が取り除かれて露出した芯線と同一の端子板20が電気導通状態に接続され、ボックス外に一対のケーブルが、芯線が絶縁体で被覆された状態で引出されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):