(54)【考案の名称】携帯用電源供給装置

(73)【実用新案権者】宏達國際電池股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は携帯用電源供給装置に関し、特に主としてメイン電源若しくは緊急用予備充電電源になり得る携帯用電源供給装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
充電式バッテリーは、携帯情報端末(PDA)、デジタルカメラ(DSC)デジタルビデオカメラ(DV)、ノート型パーソナルコンピューター(NB)、又は携帯電話等の携帯用電子機器の電源に応用される。よって使用時に時間又は空間に制限されることがないので機動性が高い。
【0003】
しかし、携帯用電子機器用の充電式バッテリーは通常少量の電気容量しか供給できず、バッテリーの電気容量は携帯用電子機器の作動時間が長くなると消耗してしまう。上記の原因から携帯用電子機器の欠点は充電式バッテリーの電気容量で制限されてしまうこと、及びバッテリーの充電が即刻必要か否かの判断に迫られることにある。携帯用電子機器のバッテリーの充電が即可能でない状況において、電力を消耗し切ってしまったことにより携帯用電子機器が作動不可能となる。
【0004】
こうした携帯用電子機器が即充電できないという問題を解決するための従来方法は次の通りである。
(1)交換式予備用バッテリーの準備
(2)携帯用電子機器内部の充電式バッテリーの替わりに携帯用電源供給装置をメイン電源として使用する
(3)携帯用電源供給装置を使用し、携帯用電子機器内部の充電式バッテリーに充電する
【0005】
例として、米国特許第6,709,784号明細書は携帯電話用の予備充電装置の一種を開示している。ユーザーが携帯電話の電力を消耗し切った際、会話時間を延長するためにこの予備充電装置により携帯電話機内部の充電式バッテリーを充電することに利用できる。
【0006】
従来の携帯用電源供給装置は通常アルカリバッテリー又はニッケル水素蓄電池を装填するバッテリーケースを具備している。空気亜鉛電池と比較すると、アルカリバッテリー又はニッケル水素蓄電池は電力容量が低い。携帯用の電源供給装置は電力容量を高めるために大型バッテリー又は直列や並列にバッテリーを増設するバッテリーケースを具備している。しかし、重量が増えてバッテリーケースのボリュームが嵩み、この様な携帯用電源供給装置は持ち運びに不便である。
【0007】
その上、従来のバッテリーケースタイプの携帯用電源供給装置は、バッテリーの電力が消耗した際、そのバッテリーを取り換える方式を採用しており、ユーザーは消耗したバッテリーと交換するために新しいバッテリーを購入する必要がある。よって従来のバッテリーソケットタイプの携帯用電源供給装置による電力充電は比較的出費がかかり、又効果的な解決法でない。

(57)【要約】

【課題】空気亜鉛電池モジュールと送電インターフェイスを含んだ携帯用の電源供給装置を提供する。【解決手段】携帯用電源供給装置は、少なくとも一つの電池ユニットを備えた空気亜鉛電池モジュール2と、少なくとも一組の導体を備えた空気亜鉛電池モジュール2に接続し、空気亜鉛電池モジュール2で発生した電流を伝送するための送電インターフェイス3を含み、空気亜鉛電池モジュール2と電池ユニットが同時に統合モールドによって少なくとも一つの可塑性材料で製作されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):