(54)【考案の名称】名刺

(73)【実用新案権者】株式会社イシモク

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

この考案は、しおり、クリップ、名札など多目的な用途に利用できる名刺に関するものである。

【従来の技術】

日本では初対面のときや商取引などを行う場合に、名刺交換をすることが一般的であるが、その機会は多く、その中でいかに強く名刺を渡した相手に注目や印象を与えられるかが重要になる場合がある。そこで、形状を従来の大きさや形と異なるようにすると、注目や印象を与えることはできるが、名刺入れや名刺ケースの中に保管することが難しくなったりと、相手にマイナスの印象を与えかねない。

【効果】

木材で形成された名刺は相手に注目を与えることができる。また、従来の規格品と同じ外形にすることで特別な措置をするとこなく保管することができるが、材質が他の名刺と異なる為、他の名刺の中からも見つけやすくなっている。
また、U字形等のスリットをいれることで、しおりやクリップなどの様にも使用でき、より強い印象を与えることができる。

(57)【要約】

【課題】通常のとおり名刺として使用しながらも、しおりやクリップ等の多目的な用途に利用でき、渡した相手に注目や印象を与えられることができる名刺を提供する。【解決手段】名刺本体に木材を使用し、表面にU字形またはV字形、コ字形、円弧形などのスリットを設け、引っ掛けたり、はさんだりできるようになっている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):