(54)【考案の名称】名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
多量の名刺を収納する場合、収納箱に重ねて入れられる場合があるが、いざ特定の名刺を探し出そうとしても、同じ大きさの名刺群の中からでは、直ぐには見つけ出しにくい。

【効果】

【0005】
一般に、両面印刷する場合、縦書きの場合も横書きの場合も、社章が入れられる場合、その社章は表裏ほぼ同じ部分に印刷されるので、本考案の社章部分を折り返して実施する場合、山折りであれ、谷折りであれ、どちらの方向に折り返しても、社章部分は重なった名刺群からは、とび出して見えることとなり、瞬時に名刺を特定し探し出して貰う事が出来る。
【0006】
本考案の特徴を利用したくない場合には、従前の名刺の使われ方を妨げることなく使われる。

(57)【要約】

【課題】自分の名刺を相手に渡した後、多くの他人の名刺と一緒に名刺収納箱に入れられていては、目立つことがないが、自分の名刺を他の人のものよりも、より早く探し出してもらえるようにする。【解決手段】名刺の社章部分が、簡単に折り返し張り出させることができるよう、予め、切線1と、切線2を入れておく。渡された相手の人が、名刺収納箱に入れる場合、切線の一方の終端部1xをちぎり切り離し、切線のもう一方の終端部1zから、切線1に対し45度の、山折り線あるいは谷折り線いずれかにて折り返し、切線2にて作られた切片にて社章部分を挟み留め、収納して貰うことにより、常に社章部分が名刺群の中からとび出して見え、瞬時に自分の名刺を探し出して貰う事が出来るものである。目的外の場合には、社章部分の折り返しを元に戻せば、他の名刺群と一緒の形態になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):