(54)【考案の名称】熱溶着装置

(73)【実用新案権者】ムネカタ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、異なる形状の製品を同一の熱溶着装置により熱溶着を可能にする機構を有する熱溶着装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
自動車の内装部品例えばドアトリムの場合、図1に示す様に右側及び左側の概略形状は似ていても一部分異なる形状の部品がある。そして、この様な部品に追加加工として他の部品を取り付ける際、その部品を溶着(熱かしめ)にて取り付けることがある。
この様な場合、効率的に取り付け作業を行うため同一の熱溶着装置にて行う場合がある。しかし、右側と左側では溶着場所が異なることと、部品を固定するための受け台が異なることにより、溶着ユニット及び受け台治具(以下総称して「溶着治具」と称する)をその度交換する必要がある。
【0003】
従来の方法としては、図17に示す様に熱溶着装置1の後方に複数の溶着治具2の待機スペース3を設けると共に、待機スペース3へは溶着治具2を昇降させる昇降リフト4を備え、溶着装置1の収納高さを下段、中断、上段の3段階に割り振ることができる。また、中段の位置は熱溶着装置の前方にある作業台5の高さと同一である。
例えば右側用の製品を溶着加工する場合は、右側用溶着治具6を中段に位置させ、次に電動モーターを内蔵したモーターローラー8を回転させることにより作業台方向へせり出して、作業者は製品に対応した環境を得ることができる。この間、左側用溶着治具7は、待機スペースにおける下段又は上段で待機している。
左側用の製品を溶着加工する場合は、右側用溶着治具6をモーターローラー8にて駆動させて待機スペース3まで後退させる。その後、昇降リフト4にて左側用溶着治具7を中段へ移動させ、そして、作業台5方向へモーターローラーによりせり出して作業環境を整えることができる。
【0004】
他の移動手段を備えた熱溶着装置の例としては、特開2006−62164号公報には、次の内容が紹介されている。
それは、振動熱溶着装置に第1工程用の第1振動ユニットと、第2工程用の第2振動ユニットを併設して設け、加振源を油圧シリンダー装置により移動する可動体に接続することにより第1振動ユニットと第2振動ユニット間を移動させる構成である。したがって、加振源は第1振動ユニット及び第2振動ユニットに共通化されており、設備費を抑えつつ生産性を高めるのに有利である。

【効果】

【0010】
本考案の効果は次の通りである。
1.従来の多数のモーターローラーを用いた熱溶着装置に比べ、移動力発生手段を コンパクトにまとめたため、省電力化、低コスト化、低騒音化を図ることが できる。
2.駆動関係の機構がコンパクトに作れるので、熱溶着装置の大きさを縮小するこ とができ、設置スペース的に有利である。
3.溶着治具の移動が精度良く行われるので、熱溶着装置の組み立て、調整時間が 短縮できる。
4.溶着治具への配線や冷却用エアーの回路などの接続を溶着装置を交換するごと に行う必要がない。

(57)【要約】

【課題】移動力発生手段をユニット化し、このユニットを前後、上下に移動することにより効率のよい溶着加工治具の交換を行うことができる熱溶着装置を提供する。【解決手段】110は待機スペース、120は溶着作業スペースである。待機スペース110ではドアトリムA加工用である溶着治具と、ドアトリムB加工用である溶着治具が上下に待機しており、例えばドアトリムAを溶着加工する場合は、ドアトリムA加工用の溶着治具aを溶着治具搬送ユニット200により溶着作業スペース120へせり出させる。また、ドアトリムBを加工する場合は、溶着治具aを溶着治具搬送ユニット200を用いて溶着作業スペース120から後退させ、待機スペース110へ設置されている昇降リフトに待機させる。その後、溶着治具bを待機スペース110における中段へ移動させ、そして、溶着作業スペース120方向へ溶着治具搬送ユニット200によりせり出して溶着作業にとりかかる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):