(54)【考案の名称】ブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】大日本印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ブックカバーを装着した書籍において、ミシン目に沿ってブックカバーの一部を剥離することで、書籍の背表紙に印刷された書名や著者等を目視できるブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
書店で書籍を購入するときは、通常、以下の目的でブックカバーをつける習慣がある。
(1)代金支払い済みを証明するため。
(2)読書中の書籍の題名などを隠すため。
(3)書籍を、汚れなどから保護するため。
【0003】
たとえば、特許文献1には、本の背部タイトルを可視できるように剥離部8に透明の皮膜帯を粘着してなる簡易ブックカバーの技術が開示されている。

【効果】

【0007】
本考案のブックカバーは、所望の期間は書籍情報を隠蔽できる利点と、また、ブックカバーの所定の部分を剥離することによって保護された書籍の書籍情報を目視できるようにする利点と、がある。

(57)【要約】

【課題】ブックカバーを装着した書籍において、ミシン目に沿ってブックカバーの一部を剥離することで、書籍の背表紙に印刷された書名や著者等を目視できるブックカバーを提供する。【解決手段】書籍の情報を印刷した書籍保護シート120と、不透明なシート110を剥離可能に貼り合わせたブックカバー100であって、前記不透明なシートは、書籍保護シートに印刷された情報を視認できないように覆いつつ、前記保護シートに印刷された印刷情報部分を露出させるための窓111aを形成するためのミシン目111を有することを特徴とするブックカバーである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):