(54)【考案の名称】調理容器の運搬具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電子レンジやオーブンレンジ等で加熱された調理容器に取り付けることで、当該調理容器を運搬することができる調理容器の運搬具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、主に食卓で使う一般的な範囲の大きさで様々な形状をした調理容器および食器に対応し、調理容器や食器の外側から容器外周縁を多点支持で押さえ込む力学的構造を応用した把持機能を持つ特許文献1記載の調理容器用把持具が知られている。当該特許文献1記載の調理容器用把持具は、把持部の位置を調節可能に支持する移動機構を備えた支持部材を有することを特徴とするものであり、当該支持部材の移動によって把持する調理容器の大きさに対応するようになっている。
【0003】
しかし、上記特許文献1記載の調理容器用把持具は、調理容器の大きさに対応するために移動機構等を有するものであり、構造が複雑であるとともに部品数が多く高価になりやすいという課題を有している。

【効果】

【0008】
本考案に係る調理容器の運搬具は、大きさの異なる種々の調理容器に使用可能でありながら可動する部分を有しておらず、これにより構造が簡単で部品点数も少なく、壊れにくく安価に形成することが出来るという効果を有している。

(57)【要約】

【課題】構造が簡単であるとともに使いやすく安価であり、かつ壊れにくい調理容器の運搬具を提供すること。【解決手段】加熱された加熱された食器(皿、茶碗等)の調理容器の運搬に使用する運搬具1であり、前記調理容器の開口縁と係脱可能に係合するフック5と、当該フック5の下方において前記調理容器の外周面と当接する当接手段6と、前記フック5および当接手段6を先端に設けた把持部3を有している。当接手段6は、2股状に形成された左右一対の支持アームによって構成されており、調理容器の外周面との間で摩擦力を発揮する滑り止め用のコーティング若しくは滑り止め手段が設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):