(54)【考案の名称】簡易スコアボード

(73)【実用新案権者】有限会社AINY

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、団体戦を行う球技の得点を表示するスコアボードに関し、特に得点、セット取得数だけではなく、団体戦勝数を表示することができる簡易スコアボードに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、テニス、ソフトテニス、バトミントン、卓球などの試合を行う際の競技者及び観戦者への得点の周知方法は、審判の手の合図と、口頭でコール(発声)することで行われている。そして、試合会場の施設が整っている場合はテニスコートなどの近傍に電光表示や大型の設置型、大型の過般式のスコアボードが備えられており、競技者及び観戦者は審判のコールと合わせてそれを見て対戦する両チームの取得した得点、セット取得数などを確認する。しかしながら、通常前記球技の試合が行われる会場は、学校の体育館やグランドがよく使用されるため、前述したスコアボードが備えられていることは極めて希である。従って、競技者や観戦者は審判のコールを聴いて両チームの得点取得状況を確認するものであり、熱心な観戦者は試合中に両チームの取得した得点をメモしながら観戦するのである。
【0003】
そこで次に示すような先行技術が提案されている。例えば実公平7−1175公報(特許文献1)に開示された「スコアボード」は、テニス、バレー、バドミントン等の得点、サーブ、ゲーム数、セット数等を表示するスコアボードに関するもので、操作部により入力された信号を無線で送出する可搬可能な操作部本体と、操作部本体からの信号を受けて競技の得点等を表示する可搬可能なスコアボード本体とから構成することで、スコアボード本体を競技者が見やすい場所に設置すると共に、操作部本体をこのスコアボード本体から離れた審判内容を容易に把握できる個所で得点係が操作することができるようにしたものである。
【0004】
実公平5−10841号公報(特許文献2)に開示された「スコアボード」は、種々のスポーツのスコアボードに関するもので、面ファスナーを利用して生地素材からなるスコアボードのシート本体と得点などの表示片を係合離脱可能にしてスコアを表示するようにしたものである。また、生地素材からなるので巻いて持ち運びも簡単である。
【0005】
実用新案登録第3107568号公報(特許文献3)に開示された「テニス用スコアーボードおよびスコアーボード用シート」は、持ち運び可能な簡易型の特にタイブレークのポイントを表示可能とした硬式テニス用スコアボードに関するもので、磁石を有するポインターを吸着保持させることによりポイントの表示を可能とした。また、携帯可能で構造が簡単でコストが安く、かつ小形にできるので持ち運びや保管が容易であるという利点があるものである。
【0006】
特開2007−21070公報(特許文献4)に開示された「球技用の得点カウンターカード」は、球技の試合においてプレイヤー又は審判員が、攻守交代のタイミングを容易に判断することができる得点カウンターカードで、当該公報の図1に示されるように、正面視で横長の長方形状であり側面視で三角形状を成すベース部を有し、ベース部上部には、6つのリングが略均等の間隔を空けて配設され、中央の2つのリングにはセットカウント用のカード、その左右のリングには得点カウンターカードが支持されているものである。
【0007】
実用新案登録第3098391号公報(特許文献5)に開示された「裏側にも得点が表示できるめくり型得点板」は、得点板のチーム名を表示する黒板を両面黒板にすることと、得点表示の裏側の数字を、表の数字に1プラスした数字を印刷しておくことにより、得点板の後ろの席からでも、競技中の得点を容易に知ることができる便利な表裏活用のめくり型の得点板である。
【0008】

【効果】

【0018】
本考案の簡易スコアボードは、板状の本体にカード支持具を備え、該カード支持具には、一対の得点カードと、セット取得数カードと、団体戦勝数カードを備えたので、テニス、ソフトテニス、バトミントン、卓球などの球技の試合の際、通常の得点やセット取得数だけではなく団体戦勝数を表示するようにしたことで、団体戦での試合状況が競技者及び観戦者に極めてわかりやすくなった。
【0019】
また、本体には折り畳み可能な折曲部を備えたので、簡単な構造で、収納及び組み立てが可能となり、持ち運びや保管が容易な簡易スコアボードを提供することを実現した。

(57)【要約】

【課題】簡単な構造で、小型で持ち運びや保管が容易で、低コストを実現させるとともに、対戦者一組の得点とセット取得数、団体戦勝数を表示可能にした簡易スコアボードを提供する。【解決手段】板状の本体1にカード支持具3を備え、該カード支持具には一対の得点カード2aと、セット取得数カード2bと、団体戦勝数カード2cから構成し、テニス、ソフトテニス、バトミントン、卓球などの球技の試合の際、通常の得点やセット取得数だけではなく団体戦勝数を表示するようにしたことで、団体戦での試合状況が競技者及び観戦者に極めてわかりやすくなった。また、本体には折り畳み可能な折曲部を備えたことで、簡単な構造で、小型で持ち運びや保管が容易で、低コストを実現した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):