(54)【考案の名称】多機能名紙

(73)【実用新案権者】株式会社スペース・タイム

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、多機能名紙に係り、さらに詳しくは従来の名刺機能と、広告機能、広報機能とを一体化させ、多くの情報を見易い状態で提供できるようにした多機能名紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、営業関係に使用する名刺としては、いわゆるカード型と称される大きさ、すなわちカードケースに収まる程度の大きさのものが使用されている。
この従来のカード型名刺は、カードケースに収納して持ち運ぶ際には便利であるが、そのサイズが限定されていたため、名刺の上に記載できる情報の量は限られていた。
【0003】
また一枚のカード型名刺を上下に2枚連結した大きさのもの(特許文献1)、あるいは一枚のカード型名刺を二つ折り状に重ねたもの(特許文献2)などが存在し、それぞれ名刺に記載できる情報量を増やそうとしたものは知られている。
【0004】

【効果】

【0011】
以上述べたように、請求項1の多機能名紙によれば、全体がA4サイズの用紙を使用しているので、現代の各種取引で使用されているペーパー類の中で、最も標準的な規格の用紙であるため、配る側も受け取る側も、ファイル管理し易く、扱い易いという効果がある。
【0012】
さらに、従来のカード型名刺と比較して、一枚の用紙の表示できるスペースが格段に広くなり、多くの情報を盛り込んでも、文字や図形を大きく表示できると共に、文字の配列も体裁よく工夫できるため、名紙を見易い状態で提供できるという効果がある。
【0013】
また拡大名刺部の表示は、従来の名刺で採用されてきた文字配列や形態を採用しているため、通常名紙の先入観を抱く人々にとっても受け入れ易く、目の慣れにも違和感を感じることがないという効果がある。
【0014】
さらに、一般的取引社会で広く使用され、普及している広告やパンフレットの用紙の大きさが、A4サイズであるという規格とも合致するため、この多機能名紙をそのまま展示会などで配布するようにすると、名刺とパンフレットを合体させたものに仕立てられるので、従来のように別々に用意された名刺とパンフレットを、重ね合わせて離れないようにホチキス止めする煩わしい作業から開放され、手軽でスマートな広告ツールが得られるという効果がある。
【0015】
また請求項2の多機能名紙によれば、情報表示部の情報を拡大名刺部に記載されている会社又は個人の業務内容情報又はサービス内容情報にしたため、小さなスペースで効率的な営業活動が行え、その効果も大きなものが得られるという特徴がある。
【0016】
また請求項3の多機能名紙によれば、情報表示部の情報を拡大名刺部に記載されている会社又は個人の経歴情報又は肩書き情報にしたため、小さなスペースで効率的な営業活動が行え、その効果も大きなものが得られるという特徴がある。
【0017】
また請求項4の多機能名紙によれば、拡大名刺部に記載されている会社又は個人の経歴情報又は肩書き情報を、拡大名刺部の中に掲載するようにしたため、小さなスペースで効率的な営業活動が行え、その効果も大きなものが得られるという特徴がある。

(57)【要約】

【課題】A4サイズという大きな掲載スペースを確保し、そのなかに名刺の形態を取り込みつつ、それ以外に多くの情報を見やすく掲載して、名刺と広告文書、広報文書とを合体させ、そこから発揮される宣伝広告広報力を格段に向上させた多機能名紙を提供する。【解決手段】全体がA4サイズの用紙1で構成され、この用紙の一部に拡大名刺部2を掲載し、この拡大名刺部以外のスペースに情報表示部3を確保したことを特徴とする多機能名紙である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):