(54)【考案の名称】裏面にケーブルクランプを具備する太陽電池モジュール

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】エンゼル工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電システムを構成する太陽電池モジュールに関するものであり、より詳しくは、端子ボックスより引出される接続ケーブルの整理を企画した太陽電池モジュールに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
太陽光発電システムは複数の太陽電池モジュールを含む。通常、複数の太陽電池モジュールが直列及び/または並列に接続され、出力母線に接続される。従って太陽光発電システムには多数のケーブルが存在する。
【0003】
太陽電池モジュールは、大別すると、汎用タイプに代表される裏面が開放されているタイプと屋根材一体型に代表される裏面全面を覆う部材が取付けられているタイプに分類できる。
【0004】
汎用タイプにあっては、例えば、既設の屋根に架台を組んで、架台上に複数の太陽電池モジュールが設置される。汎用タイプ太陽電池モジュールは、通常周辺部に枠体(例えば断面コの字型のアルミニウム製枠)がある。接続ケーブルや出力母線などは、従来、枠体の空間に、格別の固定手段なく、収められている。
【0005】
従来の屋根材一体型太陽電池モジュールにあっては、屋根材ブロックの上面に太陽電池を設けた構成になり、その複数枚をアレイ状に並べて屋根面に横葺きし、その棟側に沿って敷設した配線ケーブルに太陽電池を直列もしくは並列に接続して太陽光発電システムを構築する屋根材一体型太陽電池モジュールにおいて、屋根材ブロックの後縁(棟側)に、配線ケーブルを屋根材ブロックに添わせて保持するケーブルクランプ部材(樹脂成形した独立部品)を付設し、屋根材ブロックの葺設と並行して行う配線作業の際に、前記ブロック列の棟側に引回した配線ケーブルを、クランプ部材を介して屋根材ブロックの後縁に固定した太陽電池モジュールが知られている。(例えば特許文献1参照。)

【効果】

【0024】
請求項1にかかる考案によれば、裏面側の見栄えがよく、太陽電池モジュール耐久性の観点からも問題がないケーブルクランプ・端子ボックス付太陽電池モジュールとなる。また、硬くくせ付けが困難なエコケーブルであっても、最短距離でケーブルを引き回すことができるので、接続ケーブルの長さを節約できる。さらに、端子ボックスのみならず、ケーブルクランプも接続ケーブルに付加される引っ張り力を受け取るので、接続ケーブル引出しに関して、対ケーブル引張り力を強化した太陽電池モジュールを得ることができる。
【0025】
請求項2にかかる考案によれば、一層、対候性や耐熱性を備えた太陽電池モジュールを得ることができる。
【0026】
請求項3にかかる考案によれば、硬いエコケーブルであっても、自在の方向に接続可能な太陽電池モジュールを得ることができる。
【0027】
請求項4にかかる考案によれば、太陽電池モジュール裏面の全域中何処にでもケーブルクランプを取り付けることができ、接続ケーブル整理の自由度が高まる。
【0028】
請求項5にかかる考案によれば、ケーブルクランプはネジ止めなどにより端子ボックスに固定されるので、ケーブルクランプ取付け部の設計の自由度が高まる。
【0029】
請求項6にかかる考案によれば、一層接続ケーブルが整理整頓され、一層裏面側の見栄えがよく、太陽電池モジュール耐久性の観点からも問題がないケーブルクランプ・端子ボックス付太陽電池モジュールとなる。

(57)【要約】

【課題】裏面側の見栄えがよく、太陽電池モジュール耐久性の観点からも問題がなく、また、エコケーブルであっても、ケーブル長さを節約でき、さらに、端子ボックス等の接続ケーブル引出しに関して、対ケーブル引張り力を強化した太陽電池モジュールを得る。【解決手段】端子ボックス83を太陽電池モジュール81の裏面に配設した端子ボックス付太陽電池モジュール10において、ケーブル保持部12を有するケーブルクランプ11を備え、ケーブルクランプ11は太陽電池モジュール81の裏面82に取付けられ、ケーブル保持部12は、接続ケーブル外周の裏面側を少なくとも保持して接続ケーブルを誘導し導出するものである


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):