(54)【考案の名称】繊維製品の品質表示用縫付けラベル

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、透明性の高い、衣服、帽子、ハンドバッグ、その他、繊維製品に直接取付けて用いる繊維製品の品質表示用縫付けラベルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
衣服や帽子、ハンドバッグ、その他、繊維製品には、品質表示が義務付けられており、表示ラベルに使用される基材としては、布、又は布の表面を樹脂コーティングしたフィルム状物がある。
そして、品質表示用ラベルは、狭く限られた面積中に、小さな文字や記号を印刷表示しなければならないため、基材が布の場合は、表面が平滑となる朱子織物(サテン)や、織密度の高い平織物(タフタ)の白色布が多用されている。
また、布に樹脂コーティングしたフィルム状の場合は、肌触り、通気性、透湿性、アイロン掛けの耐熱性の面で、布に劣るため、比較的肌に触れることの少ない、ジャンパーやウィンドブレーカー等のアウターウェア、及び衣料品以外の繊維雑貨品に、白色のフィルム状ラベルの形態で多様されている。
【0003】
品質表示用ラベルは、1995年3月1日のJIS規格改正までは、「基布は白、記号は黒又は紺、禁止を示す×印は赤」と規定されていたため、現状でも、品質表示用ラベル基材は白色が多用されている。
そして、品質表示ラベルに関しては、印刷表示性面、着用時の違和感抑制面等でも新技術が提案されている。
【0004】
即ち、従来例1として挙げる特開平10−187045号公報(特許文献1)の表示用ラベル基布は、鞘成分の軟化点を、芯成分の軟化点より20℃以上低くした芯鞘型複合糸の単糸によって、総デニールが150d以下のマルチフィラメント糸を、経糸、及び/又は、緯糸の全部に用いて、経糸方向、及び緯糸方向のカバーファクターの和を1200以上の布とし、鞘成分の軟化点以上、芯成分の軟化点以下の温度で、加圧下で熱セットして織物を平坦な基布とし、経緯糸の交差点の固定による使用中の目ずれ防止、及び高速度印刷を可能としたものである。
【0005】
また、図3は従来例2の正面図であって、従来例2は、図3に示す如く、前身頃を構成する基布の裏面に、品質表示を直接プリントし、前身頃と後身頃との縫い合せ部分、袖と前身頃との縫い合せ部分等、各縫い合せ部分が表側になるように縫製した肌着であり、縫い合せ部分による肌への違和感を低減し、且つ品質表示ラベル自体を排除して、肌への違和感を無くしたものである。

【効果】

【0016】
品質表示ラベル2は、ラベル基布4が全光線透過率80%以上であるため、透明性の高い衣服に取付けても、プリント印字の存在位置が見えるだけで、ラベル本体の基布は目立つことが無く、衣服、特にシースルー衣服の透明な美観を、品質表示ラベルで低下させることが無い。
また、通常の繊維製品に対しても、全光線透過率の高い透明な品質表示ラベルの添着は、品質表示ラベルの存在が目立ち難く、衣服の外観の低下が抑制出来る。

(57)【要約】

【課題】品質表示ラベルの基材自体もシースルーとして、シースルーの衣服類に取付けても、目立たない品質表示ラベルを提供する。【解決手段】品質表示ラベルは、衣服、帽子その他の繊維製品に直接取付けるラベルであって、ラベル基布4は、ブライトの円形断面モノフィラメント糸を用いて、全光線透過率80%以上の基布4を準備し、基布4に必要印刷5を付与して、基布4の印刷5部分以外をシースルーとしたものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):