(54)【考案の名称】推進管

(73)【実用新案権者】日本ヒューム株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、地盤中にコンクリート製の中空円筒状の管を押し出しつつトンネルを形成する推進工法に使用する推進管であって、特に、コンクリート製の推進管本体の外周に鋼管を嵌合させた形状の推進管に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、コンクリート管の外面を鋼管で覆った形状の推進管であって、推進管の一端側にその推進管の他端側の差し口を嵌合できる形状の受け口を備えたものとしては、図3に示すものがある。
【0003】
この推進管21は、コンクリート製の推進管本体22の外周面に、鋼板製のカラー23を装着し、このカラー23を推進管本体22の後端側から突出させて受け口24としている。また、推進管本体22の先端側には、差し口25が突設されており、この差し口25の外周面には、円筒状の差し口外殻26が装着されている。
【0004】
そして、この差し口外殻26とカラー23の間には、空間確保リング27が固着されている。この空間確保リング27によって、同様の構成の推進管同士を接続する際に、一方の推進管の差し口外殻26の外周と、この差し口外殻26が挿入される他方の推進管の受け口24の内周との間に、シール材等を設置する空間を確保しているものである。

【効果】

【0010】
上述のように、本考案に係る推進管は、コンクリート製の推進管本体の先端に、推進管本体よりも小径円筒状の差し口を設け、推進管本体の後端に、推進管本体の外周面に装着した鋼管を後側に突き出して受け口を設け、受け口の内径と差し口の外径とは、両者間にシール部材を介在させて、嵌め合わせることができる大きさに形成してなる推進管において、差し口の外周面には、鋼製円筒状の差し口外殻が装着され、差し口外殻は、推進管本体の先端と一体化されており、テーパー状をしたテーパー部と、テーパー部先端側に連続して設けられた直円筒状部とを有し、全体がプレス加工によって一体成型されていることにより、従来の推進管よりも溶接箇所が少なくなり、水密性を高めることができるとともに、コスト削減もできる。また、軽量化できる。
【0011】
さらに、差し口外殻には、推進管本体の先端に装着される円筒状の接続部が備えられ、接続部の先端にテーパー部が先細りテーパー状に設けられ、接続部を鋼管内に挿入し、鋼管の先端部と接続部の外周面とを溶接することにより、鋼管と差し口外殻を一体化していることにより、容易に製造できる。

(57)【要約】

【課題】より軽量で、溶接箇所が少なく、より低いコストで製造可能であり、水漏れの少ない推進管の提供。【解決手段】コンクリート製の推進管本体4の先端に、推進管本体4よりも小径円筒状の差し口2を設け、推進管本体4の後端に、推進管本体4の外周面に装着した鋼管5を後側に突き出して受け口3を設け、受け口3の内径と差し口2の外径とは、両者間にシール部材を介在させて、嵌め合わせることができる大きさに形成してなる推進管において、差し口2の外周面には、鋼製円筒状の差し口外殻10が装着され、差し口外殻10は、推進管本体4の先端に装着されるとともに、鋼管5の内周面に固着される円筒状の接続部10aと、接続部10aと連続した先細りテーパー状をしたテーパー部10bと、テーパー部10b先端側に連続して設けられた直円筒状部10cとから構成し、全体をプレス加工によって一体成型した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):