(54)【考案の名称】情報冊子部付きブックカバー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、書店等において書籍を購入する際にその表紙にかけられるブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
現在、書籍に大量の情報を新たに付加するには、独立した冊子を用意することが必要であった。とはいえ、前記冊子を書籍の中に挿入すると書籍がゆがんでしまう。また書籍とは別に冊子を渡すと冊子の方はほとんど読まれることがない。そのため、せいぜい数枚の冊子を書籍の中に挟み込むしか方法がなく、情報量が極めて少ないものとなっていた。
他方、書店等において書籍を購入した際にサービスとしてかけられるカバーとしては、両側もしくは一方の側に書店の名称や簡単な図柄が印刷され、カバーする書籍の大きさに裁断された紙製のものが大部分である。これは、この種カバーが書店側のサービスとして顧客に供されるため、安価でなければならないという事情からである。
【0003】
近年、このようなブックカバーを利用して種々の情報を書籍の購入者に提供することが試みられている。
例えば、実開昭50−85322号公報(特許文献1参照)には、ブックカバーに袋状の収納部を設け、これに広告紙その他の紙片を収納する、内面に書類広告紙等の収納袋部を設けた書籍カバーが示されている。
また、実用新案登録第3007670号公報(特許文献2参照)には、ブックカバーの折込み部を複数回折り畳んで情報スペースとした情報スペース付きブックカバーが開示されている。

【効果】

【0008】
以上の構成よりなるこの考案に係る情報冊子部付きブックカバーは、余り利用されていなかったブックカバーの折り返し部分に情報冊子部を設けたものであり、読書の際に書籍の本文と違和感なく読むことができる。
したがって、読み終えた後も捨てられてしまうことはほとんどなく、また不要になった場合には情報冊子部のみ切り離すことができるので、書籍のみをブックカバー付きで保管することができる。
また折込み部が複数回折り畳まれている場合のように手間がかかることもなく、非常に取り扱いやすいために情報冊子部を設けた効果はきわめて大きいものである。
【0009】
しかもその構成は、紙製のブックカバーに情報冊子部を一体に設けるものであることから、きわめて安価に供給することができるばかりではなく、例えば宣伝広告のための収入等を期待することができるという利点を有する。

(57)【要約】

【課題】書籍のブックカバーに情報冊子部を一体的に形成し、これを広告、宣伝その他の情報を掲載する用途に活用できるようにした、情報冊子部付きブックカバーを提供する。【解決手段】書籍12の表紙13全体を被い、かつその両端もしくは一方を表紙に係合して保持するブックカバー11において、ブックカバーの片側もしくは両側の内側に、広告、宣伝その他の情報を掲載する情報冊子部14を設けたことを特徴とする情報冊子部付きブックカバー。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):