(54)【考案の名称】携帯電話用人形

(73)【実用新案権者】株式会社いのうえやす

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、携帯電話を利用して会話を楽しむことができる携帯電話用人形に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の携帯電話用人形として、例えば特開2001−24749号公報に記載の着信報知玩具や特開2005−7190号公報に記載のイヤホンマイク又はヘッドホンマイクを内蔵できるぬいぐるみ(以下「従来例1」及び「従来例2」という。)が提案されている。
従来例1は、人形体で人形本体を形成し、その内部に着信電波を検知して発光、音出力、駆動部の動作などを行い携帯電話機の着信を報知する機能を備えた玩具である。
従来例2は、ぬいぐるみと携帯電話用のイヤホンマイク又はヘッドホンマイクを一体化し、車内で携帯電話を使う時に、ハンズフリーによる通話を可能とするものである。

【効果】

【0005】
この考案によれば、携帯電話用人形の人形本体を通じて発信者の声を聴くことができると共に、ハンズフリー機能を備えているので簡易に会話を楽しむことができる。

(57)【要約】

【課題】 通話を楽しむことができる携帯電話用人形を提供する。【解決手段】 人形本体1内には、接続コード11を通じて携帯電話12からの音声信号を受信する制御部4と、この制御部と電池6との間を連断するための電源スイッチ5と、制御部4に接続されている駆動モータ7、スピーカー9及びマイク10とを設け、制御部4は上記音声信号の受信に伴って駆動モータ7に駆動信号を送信可能であり、マイク10から受信した音声信号を接続コード11を通じて携帯電話12に送信可能であり、駆動モータ7は人形本体1の動作機構8における口の開閉機構の駆動源である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):