(54)【考案の名称】HDMIパネルの構造

(73)【実用新案権者】展勝電業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、HDMIパネルの構造に関し、特にパネル後部の信号変換器の回路板にHDMIジャックおよびRJジャックが設けられ、二つの電子製品間をRJプラグ付きネットワークケーブルによって映像音楽信号を伝送し、信号伝送中の信号の減衰を防止し、映像音楽信号を再生するときの品質および効果を高めるHDMIパネルの構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
初期のブラウン管を使用した白黒テレビおよびカラーテレビの画質、コントラストおよび鮮明度は劣っていたが、科学技術の進歩に伴って多くの電子製品の品質および技術は向上し、現在は液晶テレビおよびプラズマテレビへと発展し、テレビは高画質、良好なコントラストおよび高い鮮明度を表示することができるようになり、テレビのチャンネルも増加した。また、早期から録画装置を用いて番組を録画し、再生装置により再生して観賞することが行われていたが、録画テープの容積は大きく、湿気によってカビが発生したりするので、現在は時代の流れから淘汰されている。
【0003】
近年の研究開発によってVCD、DVDなどのディスクが誕生した。VCD、DVDは再生装置を利用して映像を再生するが、VCDにしてもDVDにしても伝送ケーブルによって映像信号をディスプレイ装置に伝送することによって映像を表示することができ、初期の映像信号の伝送ケーブルはDVI(Digital Video Interleaved)が使用され、Intel i750 VLSI(登録商標)によって圧縮/解凍を行う演算法が実行された。DVIの伝送ケーブルは映像のみを伝送でき、音声は伝送できないので、アンプを組合せる必要があり、ケーブルの設置が面倒であり、不便であった。
【0004】
上述の従来技術による信号伝送における欠点を解決するために、HDMI(High Definition Multimedia Interface)の信号伝送方式が研究開発された。HDMIはIntel社が2002年に開発したコピー防止メカニズムであるHDCP(High Bandwidth Digital Content Protection)が使用される。HDMIは、単一の全デジタルインターフェースに高解析映像信号および多チャンネル音声信号を整合し、SXGA、UXGA、SDTV、HDTVなどのデジタル映像信号規格をサポートするだけでなく、CD、DVD−Audio、Dolby Digital/DTSなどのデジタル音声信号規格を伝送することもでき、同時に8チャンネルの圧縮または非圧縮デジタル音声信号を伝送することができる。HDMIは各原色が最高で48‐bitの色深度を提供でき、その伝送速度は5Gbpsに達し、圧縮しない高品質のデジタル信号を伝送することができる。
【0005】
科学技術の発展に伴い、多くの電子製品が室内空間で使用されており、各種電子製品に使用される接続ケーブルは天井板上、壁上または床上に敷設され、見た目に悪いだけでなく、安全性に問題があるので、外部に露出していた信号ケーブルまたは接続ケーブルは天井裏、壁内部または床下に埋設され、天井板上、壁上または床上にHDMIパネルが設置されて電子製品に使用され、室内線路は整理されるようになった。
【0006】
しかし、パネルを天井板上、壁上または床上に設置するとき、伝送ケーブルを天井裏、壁内部または床下に設置して各パネル間を接続する必要があるので、伝送ケーブルの長さは増加する。HDMIパネルを設置するとき、HDMIの信号伝送距離は10メートルを越えると減衰し、HDMI信号を二つのパネル間で伝送させて映像および音声を再生すると品質が劣化したり、その他の問題が発生したりする。またHDMIケーブルは硬いので壁内部または床下でHDMIケーブルを引っ張ったとき、伝送ケーブルが断線する問題が発生し、パネルを設置するとき、余ったHDMIケーブルを巻いて収納するのが難しいという欠点も存在する。
【0007】
本考案の考案者は、上述の問題に鑑み、関連資料を収集し、試作および修正を繰り返し、ついに信号伝送の品質を高め、信号の減衰を防止し、線材の配線に便利なHDMIパネルの構造を案出した。

【効果】

【0022】
本考案のHDMIパネルの構造は、パネル後側に信号変換器が設けられ、信号変換器のベース台内には回路板が設けられ、回路板上の一側にはHDMIジャックが設けられ、他側には複数のRJジャックを有する変換モジュールが設けられる。二つの電子製品間で信号伝送を行うとき、映像音楽信号はHDMIプラグを通じて信号変換器のHDMIジャックに入力され、信号変換器にはRJジャックによってRJプラグが挿入され、ネットワークケーブルによって各パネルおよび信号変換器との間の信号伝送が行われる。RJプラグ付きネットワークケーブルの有効伝送距離はHDMIケーブルよりも長いので、各パネル間の距離が長くなる場合でも映像音楽信号が伝送過程において減衰する問題は発生せず、映像音楽信号を再生するときの品質、効果が保護される。

(57)【要約】

【課題】電子機器間を結ぶ回線における信号の減衰を防止する。【解決手段】電子機器内の回路基端にHDMIパネル1を配置し、該パネル1後側に信号変換器2を設け、信号変換器2のベース台21内には回路板22が設けて、回路板22上の一側にはHDMIジャック23が設け、他側には複数のRJジャック251を有する変換モジュール25が設ける。映像音楽信号は、パネル前面に開口11に配置された信号変換器2のHDMIジャック23に接続されるHDMIプラグを通じて入力される。信号変換器2にはRJジャック251によってRJプラグが挿入され、該RJプラグからネットワークケーブルによって他の電子機器対して同様に設置された各パネル1および信号変換器2を解して信号伝送を行う。RJプラグ付ネットワークケーブルの有効伝送距離はHDMIケーブル41より長いため、各パネル1間での映像音楽信号の減衰が生じない。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):