(54)【考案の名称】入会申込票付き会員カード

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、会員であることを示すバーコード等の情報が印刷されているプラスチック製会員カードにおいて、入会申込票が分離されずに連結一体化しておりそれぞれ切り離すことが出来る会員カードに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、特定の団体、企業等の会員になるべく入会申込を受け、プラスチック製会員カードを発行する場合、会員カードと会員の個人情報等を記入する紙製会員台帳は別々の体裁であり、会員カードのバーコード情報と会員台帳のバーコード情報を取り違えることなく発行管理するのに難があった。

【効果】

【0005】
上述の様に、本考案のプラスチック製入会申込票付き会員カードは、カードと申込票それぞれに同一の管理用バーコード情報が記載されており、会員が入会を申し込む際に、会員の氏名、住所、生年月日等の個人情報を入会申込票に直接記入をし、情報の記入後に入会申込票と会員カードを切り離し、会員カードは会員に渡し、入会申込票はカード発行元が会員台帳として利用する。このように本考案の入会申込票付き会員カードを使用すれば、会員情報のある会員台帳と会員カードは同一のバーコード情報を有しており、会員カードと会員台帳の不整合の問題は解決される。

(57)【要約】

【課題】会員カードにおいて、入会申込票が連結一体化しており、更にカードと入会申込票が切り離すことが出来るプラスチック製会員カードを提供する。【解決手段】会員カード1と入会申込票2には同一のバーコード情報4を記載し、それぞれの情報登録が確実におこなえ、更にそれぞれを折り曲げて切り離せるようにし、会員カードは会員本人に渡し、入会申込書は会員の個人情報が記入できそのままカード発行元が会員台帳として使用することが可能になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):