(54)【考案の名称】蓋材の剥離が容易な有底容器

(73)【実用新案権者】株式会社アスク

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ヨーグルトなど水分を含んだ食材等を密封する有底容器に関し、特に有底容器のフランジ部と蓋材の剥離が容易なカップ状有底容器に関する。

【従来の技術】

【0002】
ヨーグルトなどを密封した有底容器は例えば、有底容器本体の開口周辺にフランジ部(圧空成形などで形成する鍔状部)を設け、内容物を収容した後に、下面側に適度の剥離性を有する熱融着層を積層した蓋材を密閉状に熱融着してなる。前記蓋材の開封は前記フランジ部の一端に設けた切れ目線(図示せず)、または剥離用タブ(つまみ)を把持し引き剥がし方向に引っ張って行われる。
【0003】
上部開口が円形状や楕円形状や角を丸めた長方形状の、上部開口周辺にフランジ部(21)を設けた、プラスチック製や紙積層材料製や金属製などのカップ状容器(20)のフランジ部(21)の上面に、下面側に適度の剥離性を有する熱融着層(31)を積層した、積層樹脂フィルム製などの蓋材(30)の熱融着層(31)の下面を、熱融着して密封したカップ状容器(20)において、このフランジ部(21)の上面に、深さが熱融着層(31)の厚さの1/2程度の、1本以上の環状の凹溝(11,…)を設けたことを特徴とする蓋材の剥離が容易なカップ状容器が特開平8−91437号公報に提案されている。

【効果】

【0008】
上記構成により本考案の蓋材の剥離が容易な有底容器は、蓋材の剥離開始時点においてフランジ部と蓋材の接合面積を低減できる。また、蓋材の剥離開始ポイントと剥離方向を特定できる。

(57)【要約】

【課題】 蓋材の剥離開始時点において蓋材の剥離を容易にする。また、剥離開始ポイントと剥離方向を特定する。【解決手段】 平面視が略矩形状の有底の容器本体10と蓋材50とを備え、開口端面に配設したフランジ部20に約4mm幅の略矩形環状のヒートシール部によって接合し容器内にヨーグルト等の食品を密封してなる。前記、有底容器本体10は容器角部の対称位置2箇所に幅1mm×長さ12mm程度の細長い略長方形状の切り欠き30を配設している。前記略長方形状の切り欠き30は前記蓋材50に設けた剥離用タブ60に交差するごとく配設されており、蓋材50の剥離を容易にする効果を発揮する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):